工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

期間工

期間工の残業時間は1日、1ヶ月でどれくらい?残業なしの職場はある?

投稿日:2018年5月13日 更新日:

期間工を始めようか迷うときに気になるのが「残業」。

  • 「期間工って仕事がキツイ上に、残業も多いのでは?」
  • 「サービス残業とか、させられるんじゃないの?」

不安になることもあると思いますが、期間工の残業時間は少なめです。

期間工の職場はトヨタやホンダなど、大手自動車メーカーの工場。こうした工場はシステムが整っているため、勤務時間もキッチリ管理されています。もちろん多少の残業はあるものの、それほど多いわけではなく、サービス残業もありません。

期間工は体力が必要なものの、あとは余計な責任もなく、仕事もカンタン。ある意味「ラクに稼げる仕事」といえます。

ここでは「期間工の残業」について解説します。これから期間工を始めようか迷っているときは、参考にしてくださいね。

なお、期間工の仕事を探すなら、期間工専門の求人サイト「期間工.jp」はオススメ。トヨタやホンダ、日産などの大手メーカー求人がたくさんあり、入社が決まると10万円や20万円の「入社祝い金」も受け取ることができます。スタッフに仕事の相談や面接のアドバイスも無料で受けられるため、ぜひ使ってみてくださいね。

>>「期間工.jp」なら大手の期間工求人が充実!10万円や20万円の入社祝い金がある求人も!(期間限定)

期間工は残業があるものの、1日30分〜1時間ほど

期間工は残業ゼロではないものの、ほかの仕事に比べると少なめです。普通は1日30分〜1時間ほどと考えてください。ボーナス前で生産量が増えるときは2時間くらいになることがあるものの、定時で帰れることもよくあります。

期間工はトヨタやホンダ、日産など、大手メーカーで働くことになります。最近はブラック企業や過剰労働への風当たりが厳しく、特に大手企業はルール違反をしているとすぐ叩かれます。そのため各メーカーは労働基準法を守っていて、残業も法律の上限以上にさせられることはまずありません。

昔は会社が「どんどん残業するべき!」と考えていた時代もありましたが、最近は「なるべく残業するな!」という方向に変わりつつあります。これは期間工も正社員も同じで、なるべく定時で仕事を終えることが良いとされています。

特に自動車メーカーは、さまざまなところでシステム管理が行き届いています。勤務時間についてもきちんと管理されているため、過剰な残業はほとんどないです。「トヨタやホンダが過剰労働させていた!」なんてことになったら、大変なニュースですからね。

ちなみに残業が特に少なめの企業は、トヨタとホンダ。この2社はやはり自動車メーカーのトップというだけあり、管理がとても整っています。そのため1日30分ほどの残業ですむ場合が多く、働きやすいです。

ひと月トータルの残業時間は、月によって差がある

過剰な残業がないとはいえ、ある程度の残業はどの工場でもあります。労働基準法によると、仕事は次のようにルールが決まっています。

【労働基準法で決まっているルール】

  • 1日の勤務時間は8時間まで(これを超える分は残業扱い)。
  • ひと月トータルの残業時間は45時間が上限。
  • 1年トータルの残業時間は360時間が上限。

各メーカーは、この規則に従っています。

期間工として働く場合、休日出勤がなければ1ヶ月の勤務日数は22〜23日が一般的。45時間÷22日=2.2時間で、1日あたりの残業は平均すると約2時間が上限になります。

また、特に車の生産量は、月によって変動があります。生産量が多い月は忙しくなりやすく、残業も多い傾向にあります。

特に自動車メーカーは3月が決算の時期(1年の区切り)で、なるべく車を販売しようと考えます。つまりそれだけ車を作る量も増えるため、3月は忙しくなりやすいです。

また、7月と12月はボーナスが支給される時期で、車を買う人が増えます。この時期も、残業が増えやすい時期といえます。

このように忙しい期間はあるものの、これ以外の時期はある程度落ち着いています。

繁忙期は月に20〜30時間ほど残業することもありますが、それ以外の時期は10時間以下や残業なし、ということもけっこうあります。忙しい時期は「稼ぎどき」と割り切って働くのが良いかもしれません。

サービス残業はまずないので安心!

期間工で残業すると、その分だけ「残業手当」がつきます。残業代なしで働く「サビ残(サービス残業)」は、基本的にありません。

「本当にキッチリ残業代がつくの?サービス残業があるんじゃないの??」と思うかもしれませんが、上でもお伝えしたように、大手メーカーはきちんと法律を守る必要があります。

従業員にサービス残業をさせていると、その事実が発覚したときに「あの大手企業がサービス残業をさせていた!」として炎上騒ぎになってしまいます。すると企業は大きなイメージダウンになり、けっきょく売上が落ちてしまいます。

大手企業ほどこのリスクが大きいため、期間工は残業代がしっかり出ます。心配せずに働きましょう。

期間工の残業代は「通常の25〜30%アップ」くらいが目安

期間工の残業代は「通常の25〜30%アップ」くらいが目安。

例えば1日(8時間)の日給が9,600円だとします。この場合、9,600÷8時間=1時間1,200円となります。残業代が通常の25%増しだとすると、1時間1200円×125%=1時間1,500円となります。つまりこの場合、1時間残業すれば1,500円、2時間なら3,000円プラスになります。

そして月に10時間残業するなら1,500円×10時間=15,000円、20時間なら1,500円×20時間=30,000円のプラスになります。

月に10〜20時間くらいの残業はけっこうあるので、残業手当で2〜3万円つくことはよくありますね。

だいたいどのメーカーでも、残業代はこのくらいの額。期間工の求人を見ると「残業手当:30%」のように書いてあるので、チェックしてみてください(上はマツダの内容)。

残業は仕事をする時間が増えるので、ちょっと大変ですしストレスになるもの。ただしその分だけ給料は増えるので、「働きに見合ったリターンがある」ともいえます。

管理人はある程度稼ぎたい派なので、多少の残業は嬉しいと思っていました。忙しいときは「もう残業したくないな〜」と思うこともありましたが、20〜30時間くらいならわりと大丈夫でした。残業が多かったときに繁華街へ飲みに行って、稼いだお金が一瞬で消えたこともありますが・・(笑)

残業はあるものの、意外と期間工は働きやすい!

期間工はある程度の残業はあるものの、1日30分〜1時間ほど、月10〜20時間ほどが一般的です。サービス残業で過剰な労働をさせられることはないので、安心してほしいと思います。多少の残業は「その分稼げる!」と考えて働くのが良いと思います。

特に大手メーカーは管理がしっかりしていて、法律を守ってシフト勤務が組まれています。期間工は意外と働きやすくて稼げるので、考えてみてくださいね。

なお、期間工を始めるなら、期間工専門の求人サイト「期間工.jp」がオススメ。工場求人ナビならトヨタやホンダを始めとして大手メーカーの求人が揃っていて、入社が決まるとナント10万円や20万円の「入社祝い金」ももらうことができます。残業や面接などについてもスタッフに無料で相談もできるので、ぜひ使ってみてほしいと思います。

>>「期間工.jp」なら大手の期間工求人が充実!10万円や20万円の入社祝い金がある求人も!(期間限定)

こちらも要チェック!

大手自動車メーカーで働けて高収入!「期間工」で稼ぐなら、こちらもチェック!

-期間工
-, , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.