工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

期間工

スバル期間工の年齢制限は?40代・50代が面接に受かるポイント!

投稿日:2019年4月2日 更新日:

スバル期間工をする人は、20〜30代が中心。40代や50代は、面接のハードルが高めです。40代ならまだ働いている人はいますが、50代はかなり少なめ。体力とやる気に自信がないと、不採用になる可能性はあります。

ただ、年齢が高くても、面接に合格するチャンスはあります。ここでは「スバル期間工の年齢制限」と「40代・50代が面接で合格するためのポイント」を解説します。応募を考えているなら、ぜひ読んでみてくださいね。

なお、スバル期間工に応募するなら、期間工の大手求人サイト「工場求人ナビ」がオススメ。スタッフから面接のアドバイスを受けられて安心、さらに採用が決まると20万円の入社祝い金も支給されます。無料なので、使ってみてほしいと思います。

>>「工場求人ナビ」からスバル期間工への入社で、祝い金20万円!(期間限定)

スバル期間工の年齢制限は「40代まで」が目安(下は18歳以上)

スバル期間工の求人は「18歳以上」とだけ書かれていて、年齢制限がハッキリ書かれていません。ただ、目安は「40代まで」と考えてください。

スバルの工場は車のボディや部品を扱うため、体力が必要。40代くらいまでなら体力があるため、スバルの仕事を十分こなせるはずです。

ちなみにスバル期間工に学歴は関係なく、高卒や中卒でもなることができます。ただし中卒の場合、18歳にはなっている必要があります。

50代で未経験だと、採用のハードルは高め。面接で体力をアピール!

50代の場合、採用してもらえるかどうかギリギリのライン。特に未経験で体を使う仕事に慣れていない場合、面接は落ちる可能性が高いです。やる気や熱意をアピールすれば何とかなるかもしれませんが、落ちる確率が高いことを前提として面接を受けるほうが良いです。

逆に50代でも配送や土木などの仕事をしていた場合は、合格することがあります。こうした仕事をしたことがあると期間工で必要な筋肉もついていることが多いため、スバルの面接でも有利です。

下で紹介しますが、スバル期間工の求人は「派遣会社」から応募すると「選考会参加費」という手当が7万円支給されます。つまり手持ちのお金を減らさずに面接を受けられるため、「とりあえず受けてみる」という感じでも良いかもしれません

60代で期間工を始めることはできない

60代になると、スバルだけでなくどのメーカーの期間工も不採用になります。

60代になると体力も落ちるため、期間工の仕事はこなせないことがほとんど。無理せずハローワークやシルバー人材センターなどで相談するほうが、仕事は見つかりやすいはずです。

スバル工場は20〜30代が中心。正社員登用は「30代前半まで」ならチャンスあり

スバルの工場で働く人は、20〜30代が中心。40代や50代は少なめですが、気にする必要はありません。

工場の人間関係はサッパリしています。職場の人と仲良くなりたいなら休憩などで話せば良いですし、「コミュニケーションが苦手」という場合はあまり話さなくても何とかなります。もくもくとミスなく仕事をこなせば、周りの人より年齢が高くても居心地が悪くなることはないはずです。

ちなみに正社員を目指す場合、スバルは「30代前半まで」が目安。30代後半や40代に入ると、正社員になるのはかなり難しくなります。スバルは長く働いてくれる人を正社員として採用したいためです。

管理人が20代のときに働いていた部品工場では、休憩のときに気さくなおっちゃんがいつも雑談していました。みんなで仲良くやっていたので、年齢が高めでもあまり気にしなくて良いと思います。

40代・50代が、スバル期間工の合格率を上げる、5つのポイント

40代や50代の場合、やみくもにスバル期間工へ応募しても不合格になる可能性があります。なるべく合格率をアップさせるには、次の5つのポイントを守ると良いです。

【40代・50代で、スバル期間工に合格するためのポイント】

  • スポーツや体力を使う仕事の経験を詳しく伝える。
  • 健康状態が良いことを伝えておく。
  • 元気よく「頑張ります!」と伝えて、やる気・熱意をアピール。
  • スバル公式から直接ではなく、「派遣会社の求人サイト」から応募する。
  • 5〜8月、10〜12月はボーナス時期で採用されやすい!

年齢でのマイナスをカバーするには、アピールできることはなるべく伝えるべき。上のポイントを順番に見ていきましょう。

スポーツや体力を使う仕事の経験を詳しく伝える

期間工ではとにかく「体力に自信があること」を伝えることが大切。これまでやっていたスポーツや肉体系の仕事経験は、具体的にアピールすると良いです。

  • 「今まで配送の仕事を2年間やっていたので、体力には自信があります」
  • 「スポーツジムへ行くのが趣味なので、期間工は自分に向いていると感じて応募しました」

もちろんウソはいけませんが、自分の経験をしっかり伝えましょう。

健康状態が良いことを伝えておく

40代や50代になると体力が落ちたり、病気になったりすることもあります。健康状態も伝えておくと、スバルの面接官がより安心してくれます。

  • 「今45歳ですが大きな病気になったことはなく、まだしばらく大丈夫だと思います」
  • 「配送の仕事をしていましたが、大きな病気やケガなどをしたことはありません」

面接に合格すると、仕事スタートの前に健康診断があります。ただ、年齢が高い場合、面接の時点で体が丈夫なことを伝えておくほうが良いです。

元気よく「頑張ります!」と伝えて、やる気・熱意をアピール

20代や30代は、見た目から元気さやエネルギーが伝わってきます。40代や50代だと若い人と同じようにはいかないため、自分からアピールすることが大切です。

面接官と話すときはなるべく明るくハキハキとした雰囲気を意識したり、「頑張ります!」と熱意を伝えたりしましょう。

場合によっては面接官のほうが、自分より年下の場合もあるはず。ただ、「年下のクセにエラそうだな」と思わず、謙虚に話すほうが好印象です。「気持ちを新たに頑張ろう」という気持ちで話していると、面接官に「年齢が高いのに、素直ですごい人だ」と思われやすくなります。

スバル公式から直接ではなく、「派遣会社の求人サイト」から応募する

スバル期間工はスバルの公式サイトから応募できますが、40代や50代の場合は「派遣会社の求人サイト」から応募するのがオススメです。

日総工産という派遣会社が運営する「工場求人ナビ」は、期間工を始めとする工場専門の求人サイト。スバルの求人もあり、工場求人ナビから応募するとスタッフが面接のアドバイスをしてくれます。

スバルの公式サイトから応募すると、自分だけで面接の対策をする必要があります。日総工産のスタッフは期間工の事情に詳しく、あなたの状況に合わせてサポートをしてくれます。面接だけでなく、工場での仕事や生活のアドバイスももらえるため、不安を解決して期間工を始められるはずです。

また、工場求人ナビからスバルの求人に応募すると、「選考会参加費」として7万円が3週間以内に支給。さらに採用が決まると「入社祝い金」として13万円もらえるため、合計で20万円を最初に受け取れます。

スバルの寮へ引っ越すときにかかる費用も「赴帰任旅費(ふきにんりょひ)」という手当としてもらえるため、工場求人ナビはかなり便利なはず。

工場求人ナビを運営する日総工産は、期間工の人材を紹介することでスバルから報酬をもらっています。特にウラがあるわけではないので、安心して活用してほしいと思います(笑)

5〜8月、10〜12月はボーナス時期で採用されやすい!

これはタイミングが合えばで良いですが、スバルに応募するなら「5〜8月」と「10〜12月」は特に狙い目

これらの時期は、ボーナス前後のとき。つまり「ボーナスで車を買おう」という人が増えるため、スバルも生産量を増やすことが多いです。

つまり

「車を買う人が増える → スバルの生産量が増える → 期間工がより多く必要になる」

という流れになるため、面接で採用されやすくなります。すると普段は落ちやすい40代や50代でも、合格する可能性がアップします。

もし応募時期を合わせられそうなら、夏と冬のボーナス時期を狙ってみてください。

年齢が高くても、スバル期間工に合格する可能性はある!

スバル期間工の年齢制限は、「40代まで」が目安。50代でも採用してもらえることはありますが、ハードルは高くなります。

ただ、40代も50代も、上で紹介したポイントを守ることで面接に合格できる可能性は上がります。準備をして面接に向かえばチャンスはあるため、応募するときはぜひ頑張ってほしいと思います。

また、派遣会社の日総工産が運営する「工場求人ナビ」から応募すれば、スタッフが面接のアドバイスや生活のサポートをしてくれます。「選考会参加費」として7万円、採用が決まると「入社祝い金」として13万円も支給されるため、1人で直接応募するよりオススメ。ぜひ使ってみてくださいね。

>>「工場求人ナビ」からスバル期間工への入社で、祝い金20万円!(期間限定)

-期間工

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.