工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

転職活動の基本

製造業・工場勤務から営業への転職!考えるべきポイントとエージェント

投稿日:2020年2月21日 更新日:

製造業で働いていると、いろいろ悩みも出てくるもの。

  • 「思っていた仕事と、何だか違う・・」
  • 「営業のほうが向いているかも」

こんなふうに思うなら、営業を考えてみるのもひとつの選択肢。製造と営業は真逆のような仕事ですが、転職することは十分できます。

ただし製造業から営業に転職する場合、気をつけることがあるのも事実。そこでここでは、「製造業から営業への転職」を解説します。

製造業から営業は、普通に転職できる!3つのメリット

まず、製造業から営業は、普通に転職できます。

自社の商品やサービスを売るのが仕事の営業は、どの企業でも大切な人材。「売上を伸ばしてくれる人は、なるべくたくさん採用したい!」という企業は多いです。

営業は企業や個人と話しながらセールスをするため、まず必要なのは「会話ができる」という能力のみ。つまり学歴や経験がなくても始めやすく、「未経験でも、やる気があればウェルカム!」という会社もよくあります。

営業は製造業と大きく異なる仕事。大きく分けて、3つのメリットがあります。

【製造業にない営業のメリット3つ】

  • いつも人と話すことが多く、向いていれば楽しい。
  • ノルマはあるものの、クリアすれば高収入を狙える。
  • セールスのスキルが身につくと何でも売れて、これからも活躍しやすい。

いつも人と話すことが多く、向いていれば楽しい

製造は工場での作業が中心。冷静で落ち着いた人が多く、もくもくと働く人もたくさんいます。

ただ、人と接することが好き、話すことが好きだと、工場の環境は少し物足りなく感じることがあります・・。確かにものづくりや改善は楽しいですが、いつもモノと向き合っているとつらく感じることもあるもの。

これに対して営業は、個人や企業の担当者(クライアント)と会うのが仕事。もちろん雑談をするわけではなく商品やサービスを提案する必要がありますが、お客さまと仲良くなることもあり、楽しく働けることも多いです。

営業といっても、メチャクチャ明るくて元気な人ばかりではありません。会話や人と接することが好きなら、考えてみても良いと思います。

ノルマはあるものの、クリアすれば高収入を狙える

営業は「売上」や「契約数」が大切。つまり「自分がいくらくらい売り上げたのか?」「どれくらいの契約を取れたのか?」ということです。

多くの会社で営業は、「月に20本の契約を取ること」「月に300万円以上の売上を上げること」のように、ノルマが決められています。

ノルマを達成できないと「未達」となり、自分の成績や給料が下がってしまいます(汗)

ただ、最近はどの会社も働きやすさを重視して、無理なノルマを設定する会社は減っています。きちんと営業努力をすれば、ノルマは達成できることが多いです。

逆に安定した結果を出し続けたり、営業ランキングで成績上位になったりすると、給料が大幅にアップすることはよくあります。年収1,000万円を超える人も、営業職にはけっこういます

営業は結果が命で、良くも悪くも「売れる人=スゴイ人」という世界。売りさえすれば少しサボっていても何も言われず、むしろ「売れる営業はガツガツしないんだ」なんて思われることもあります(笑)

セールスのスキルが身につくと何でも売れて、これからも活躍しやすい

営業は単純に人と話せばいいわけではなく、「上手な売り方」があります。

極端な例ですが、見知らぬ人からいきなり「これ、買いませんか?」と言われても、まず買わないはず。ですがしばらく雑談して仲良くなり、その上で「こんなのあるんですけど」と提案されたら、少し購入の可能性が上がります。

こうした売り方は「セールススキル」と呼ばれ、ひとつの能力として考えられています。

セールススキルを身に着けると、商品が変わっても売れるようになります。つまりどんな企業の商品・サービスでも売ることができ、いろんな企業から「ぜひ来てほしい!」と声がかかるようになります。

今の時代はAI(人工知能)などで自動化が進み、逆に「リアルな体験」の大切さが見直されています。営業はまさに「人と人とのコミュニケーション」なので、これからも活躍できる可能性が高いです。

ノルマ(結果)重視なのはデメリット。向いているかしっかり確認

上のように営業はメリットのある良い仕事ですが、「常にノルマを達成する必要がある」というのはデメリット。1ヶ月のノルマをクリアしても、また翌月はゼロからのスタートになります。

もちろん経験を積めばセールススキルは磨かれ、売上や契約数を伸ばしやすくなります。だんだんラクになりますが、人によってはプレッシャーに感じるかもしれません。

  • 人と話すことが苦手でないか?
  • 毎月のノルマがあっても、チャレンジ精神をもって頑張れそうか?

この2つが大丈夫そうかは、確認した上で転職すると良いです。

営業は向き不向きがハッキリ分かれやすい仕事。自己分析として、紙に自分の適性を書き出してみるのもヒントになります。

  • 自分が好きなことは何?
  • 得意なことは何?
  • 長所・短所は?
  • どんな商品・サービスを売りたい?
  • 興味があるものは?

上のように「自分がどんな人なのか」をあらためて振り返ると、仕事を決めるときの材料になるはずです。

これまでの仕事とまったく違う分、逆に志望動機は作りやすい

営業は製造とまったく違う仕事のため、実は志望動機を作りやすいです。「仕事をする中で自分を振り返ったところ、営業に興味が湧いたので転職したいと思った」という感じで考えるのがオススメです。

転職はステップアップとしてする人もいますが、そうでないこともあります。上のような伝え方なら、「今の仕事に不満があって転職したくなった」という印象にはなりません。

製造と営業は真逆のような仕事なので、「転職して仕事を変えるしかないよね」と思ってもらいやすいのです。

ただ、「今の会社の中で営業になればいいのでは?」と聞かれることもあるので注意は必要。

「1度相談はしたのですが、今は営業の空きがないと言われて、そのままになっています。せっかく営業をするなら、興味のある商品を扱っている御社でイチから頑張りたいと思っています」

上のような感じで答えると良いでしょう。

普通の営業も良いけれど、「技術営業」も考えてみる価値アリ

営業といっても、業界によって仕事や収入は異なります。

年収1,000万円くらいを狙いやすいのは、やはり保険・不動産・金融の業界。成果を出さないともちろん収入は上がりませんが、実力を磨けばその分だけ返ってくるものがあるはずです。

また、製造の仕事を経験しているなら、メーカーや製造系企業の「技術営業」を狙ってみるのもオススメ。

技術営業とは「技術の専門的な知識を元に、お客様へ提案する営業」のこと。

営業をしている人は技術や理系の知識に詳しくないことが多く、お客様に的確な提案をできないことがあります。技術営業は専門知識を元に、「こちらを導入すれば効率が10%アップして、これくらいのコストダウンになりますよ」のような話をすることができます。

技術営業は文系と理系の間のような仕事で、できる人が少ない職種。製造の仕事を経験しているとある程度は専門知識が身につくので、技術営業なら今の経験をムダにせず転職できます。

もちろん保険や不動産、技術営業以外の仕事もあります。営業はさまざまな企業が募集しているので、求人を見てピンとくるものを選ぶと良いです。

営業の求人はたくさんある!転職エージェントを活用しよう

ここまでの話で営業に興味が湧いたら、「転職エージェント」を使って転職の準備を始めましょう。転職エージェントは担当のアドバイザーがつき、求人の提案や書類・面接対策のサポートをしてくれるサービスです。

自分だけで求人を見極めたり、面接の対策をしたりするのは大変なもの。特に新しい職種を考えるときはわからないことも多いため、自分だけで進めると失敗することもあります(汗)

転職エージェントのアドバイザーは転職ノウハウに詳しく、これまでに多くの人をサポートしています。そのため希望を伝えれば、あなたの適正に合わせてピッタリの仕事を提案してくれるはず。

営業へ転職するのにオススメな転職エージェントは、次の3つ。自分に合いそうなものを使ってほしいと思います。

知名度トップの人気転職エージェント!「リクルートエージェント」

まずオススメなのは、有名な「リクルートエージェント」。大手企業のリクルートが長年にわたって運営しているサービスで、求人の量は業界トップクラス。リクルートはさまざなな企業とネットワークがあるため、大手から中小まで幅広く案件があります。

営業の求人はどのエージェントでも豊富ですが、その中でもリクルートは多い部類。「こんな企業の営業も紹介してもらえるんだ」というものがあるはずです。

また、リクルートエージェントはスタッフの実力も高く、希望を伝えればそれに合わせて求人を提案してくれて、サポートも細かいです。スタンダードな転職エージェントとして、まず使うのにオススメです。

>>「リクルートエージェント」の公式サイト・詳細

20代や第二新卒にオススメの大手「マイナビエージェント」

2番目は、こちらも大手の「マイナビエージェント」。マイナビは最近20代や第二新卒など、若手の転職に力を入れています。この年代に当てはまるなら、マイナビエージェントも良いサービス。営業の求人ももちろん多く、さまざまな業種が揃っています。

マイナビエージェントも長年にわたって人材サービスを展開しているため、転職ノウハウも充実。書類の作成や面接での志望動機・自己PRまで、しっかりサポートしてもらえます。

>>「マイナビエージェント」の公式ページ・詳細

あまり社会人の経験がなくても転職しやすい!「DYM就職」

最後は比較的新しい転職エージェントの「DYM就職」。DYM就職は「第二新卒・フリーター向けの転職エージェント」で、営業の求人が豊富です。

営業は「やる気があれば未経験でも歓迎!」という求人が多く、製造からでも転職しやすい仕事。DYM就職は営業求人の中でも未経験歓迎の仕事を中心に扱っていて、転職の成功率が高いです。リクルートやマイナビに比べると規模は小さいものの、大手の求人もあり、スタッフがきめ細かくサポートしてくれます。

20代で「もう一度キャリアをやり直したい」と考えているなら、DYM就職はオススメです。

>>「DYM転職」の公式サイト・詳細

-転職活動の基本

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.