工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

転職エージェント

生産技術(製造技術)へ転職するためにオススメの転職エージェント

投稿日:2017年8月15日 更新日:

生産技術(製造技術)は、製品をより効率良く作るための改善をする仕事。自分の工夫やアイデアでより良い工場を作っていく仕事は、やりがいがあるものです。また、ひとつの工場で経験を積むと、その工場で学んだ改善策やノウハウをほかの工場でも生かすことができます。そのため生産技術は、スキルを身に着けるにも適した職種といえます。

生産技術は、今まで製造職で働いていた人のステップアップとしてもピッタリ。仕事の中で「こうすれば良いのに」というアイデアを、工場の改善に生かすことができます。

ここでは「生産技術・製造技術への転職にオススメの転職エージェント」を紹介します。

生産技術の仕事を探すなら、大手の転職エージェントがオススメ

生産技術・製造技術への転職を考えるなら、「大手の転職エージェント」を使うのがオススメです。

大手のエージェントは、さまざまな企業とネットワークがあります。企業も「生産技術の担当者を中途採用で募集しよう」と考えるときに、「リクルートエージェントに求人を依頼しよう」のように考えることは多いです。

企業とのネットワークが多いエージェントは、生産技術の求人数も多い傾向があります。

大手のエージェントとして有名なのは、次の3つ。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • DODA

これらのうち1~2つを利用すれば、かなりの求人をチェックできるはずです。

生産技術(製造技術)の求人が多い大手転職エージェントをチェックしてみた

2017年7月現在の結果ですが、リクルートエージェント・マイナビエージェント・dodaの生産技術(製造技術)の公開求人は、次のような数字でした。

3つの転職エージェントでは、公開求人を検索でチェックできます。キーワードに「生産技術」もしくは「製造技術」と入力して、公開求人数を確認した結果です。

doda:2220件
リクルートエージェント:1237件
マイナビエージェント:77件(非公開求人258件)

上の表のようになり、dodaがダントツで多い結果になりました。マイナビエージェントは非公開求人数も公開しているものの、「生産技術・製造技術の仕事をあまり取り扱っていない」といえます。

dodaとリクルートエージェントは、非公開求人を公開していないため、実際にはもっとたくさんの求人があるはずです。

管理人は正直、リクルートエージェントの求人数が一番多いと思っていましたが、dodaのほうが多かったので意外でした。どちらも良いサービスなので、両方使ってみるのも良いと思います。

dodaなら「スカウトサービス」も使える

dodaは求人の多さだけでなく、「スカウトサービス」が使えるのもメリット。自分の経歴やスキル、アピールポイントなどを登録しておくと、あなたに興味をもった企業がスカウトの連絡をしてくれます。

自分から企業にアプローチするよりも、企業があなたに興味をもっている状態で面接を受けるほうが転職しやすいです。スカウトサービスは意外と多くの人が使っていませんが、実はとても便利なサービス。「とりあえず登録して、あとは待つだけ」という手軽な転職活動ができます(笑)

>>「doda(デューダ)」の公式サイト・詳細

リクルートエージェントは「大手ナンバーワンの安定感」がメリット

生産技術・製造技術の求人数はdodaに劣るものの、リクルートエージェントもやはりオススメのサービス。

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも最大手と言って良く、長年に渡るノウハウの蓄積があります。サポート体制が充実していて、納得のいく仕事探しができるはず。

リクルートエージェントは「Agent Report(エージェントレポート)」という、独自の企業情報を提供してくれます。入社する企業を決めるにあたり、企業の情報をしっかり知ることはとても大切。リクルートはさまざまな企業とネットワークがあるため、リアルな情報を提供してもらえます。

>>「リクルートエージェント」の公式サイト・詳細

自分に合った転職エージェントで、満足のいく転職を!

ここでは生産技術・製造技術への転職にオススメの転職エージェントを紹介してきました。上でも紹介したように、dodaとリクルートエージェントの利用がオススメです。あなたに合ったエージェントを活用して、理想の転職を実現してくださいね!

-転職エージェント
-, ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.