工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

転職エージェント

スカウトサービスで、できるだけラクに製造業・工場勤務へ転職する方法!

投稿日:2017年7月24日 更新日:

人によっては製造業への転職を「難しい」と考えてしまうことがあります。ただ、きちんと転職の準備を進めれば、製造業への転職は普通にできます!

ここでは「製造業への転職を、できるだけラクにする方法」を紹介します。

>>製造業への転職に使いやすい!オススメの転職エージェント!

「転職エージェント」の利用は必須!

製造業へ転職するなら、必ず「転職エージェント」を利用するべき。転職エージェントは無料で求人の紹介や、転職活動のサポートをしてくれるサービスです。例としてはリクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaなどがあります。

人によっては「新聞の折り込み求人チラシ」や「ハローワーク」などで、仕事を探すことがあります。しかしこれらの情報源は、あまりオススメしません。

チラシやハローワークに掲載されている求人は、「生活費を得るための仕事先」を探すためには良いかもしれません。ただ、今後も長く安定して働ける会社を探すなら、転職エージェントのほうが良いです。

転職エージェントに登録するとアドバイザーという、転職のサポートをしてくれるスタッフがついてくれます。転職アドバイザーは求人を募集する企業をチェックしていて、転職したい人の適正を考えて提案してくれます。

求人チラシを見て応募すると、その会社が良いのか悪いのか、判断しにくいです。また、ハローワークの担当者も、あまり企業についてきちんと調べていないことが多いです。

管理人自身もハローワークを利用したことがありますが、企業について質問しても、「うーん、そうだと思いますよ」のようにあいまいな返事しかもらえませんでした。「安心して働ける会社を探すのに、ハローワークは不向きだな」と思いました。

「求人数の多い転職エージェント」を使うべき!

転職エージェントには種類があります。転職エージェントごとに扱っている求人の数や質は違い、当然ですが「製造業の求人が多い転職エージェント」を利用するべき。

製造職の求人が多い転職エージェントは、「リクルートエージェント」と「doda(デューダ)」です。

製造業の求人は、大手の転職エージェントに多いです。大手の転職エージェントはさまざまな企業とネットワークがあるため、求人を確保しやすいです。

大手転職エージェントの中でも特に有名なのは、「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「doda」の3つ。これら3つについて、製造業の求人数を調べてみました。

管理人がチェックした2017年7月現在、製造業(電気・機械・化学・食品の4業種を対象)の求人は下のようになっていました。

転職エージェント 製造業関連の求人数
リクルートエージェント 電気:4,896件(非公開求人:21,657件)
化学:260件(非公開求人:2,710件)
合計:5,156件(非公開求人:24,277件)
マイナビエージェント 795件(非公開求人:2,086件)
doda(デューダ) 8,550件(非公開求人:非公開)

dodaのみ、非公開求人数を公表していませんでした。ただ、リクルートエージェントとdodaの求人数は、マイナビエージェントに比べて圧倒的に多いことが分かります。つまりこれら2社を利用すると、ラクに転職しやすいといえます。

より簡単・ラクに製造業へ転職するなら、スカウトのあるdodaがオススメ

また、これまでの製造職として経験・スキルがある場合、リクルートよりもdodaのほうがスムーズに転職しやすいです。

その理由は、dodaには「スカウトサービス」があるためです。

スカウトサービスは「自分の経験やスキル、希望職種を登録しておくと、企業からスカウトを受けることができるサービス」で、無料で使えます。

あなたの経歴やスキルを登録しておけば、企業からオファーが届きます。

つまり、、「スカウトサービスの設定をしておけば、あとは待つだけで仕事探しが進む」ということ。

人によっては今の仕事が忙しく、「なかなか転職活動をするための時間がとれない」ということがあると思います。こうしたときにスカウトサービスを利用すれば、とてもラクに転職活動を進めることができます。

また、自分から企業へアプローチするよりも、企業があなたに興味をもっている状態で面接を受けるほうが、採用に至る可能性はグッと高くなります。

つまりスカウトサービスは、「転職をラクに、超有利に進めることができるサービス」といえます!

多くの人はdodaのスカウトサービスをあまり使っていません。そのためライバルが少なく、利用して損はないサービスといえます。

また、さまざまな企業からオファーが届くことで、転職に対する視野が広がる可能性もあります。「そうか、こういう仕事もあったんだ!」という刺激にもなるので、dodaを利用するときにはスカウトサービスを設定してみてください。

>>「doda(デューダ)」の公式サイト・詳細

困ったら悩まず、アドバイザーに相談するべき!

転職エージェントに登録したら、ときどきアドバイザーに連絡・相談をすると良いです。

アドバイザーとコミュニケーションをとることで、よりきめ細やかなサポートを受けやすくなります。

アドバイザーは、たくさんの転職希望者を抱えています。もちろんアドバイザーも1人1人の転職者に目をかけていますが、やはり積極的に相談してくれる人のほうが、アドバイザーにとってサポートしやすい人であるのは当然です。

あまり頻繁に連絡してしまうと「ちょっとうっとうしいな」と思われてしまう可能性はありますが、定期的にアドバイザーに相談することはとても大切です。

転職エージェントのアドバイザーは「転職のプロ」。情報もたくさん持っています。

転職をするときは、悩んだり迷ったりすることはよくあるもの。こうしたときに悩んで立ち止まってしまうより、アドバイザーに相談するほうが早いです。アドバイザーを上手に活用して、転職をよりスムーズに進めましょう。

製造業への転職は、正しい方法で進めれば十分できる!

ここでは「製造業の仕事へできるだけラクに、スムーズに転職する方法」を紹介しました。

dodaとリクルートエージェントは製造業の求人がたくさんあり、あなたに合う仕事を見つけやすいです。さらにdodaならスカウトサービスがあるため、忙しくても転職活動をカンタンに進めることができます。面接もあなたが有利な状態で受けられるので、採用してもらいやすいです。

製造業への転職を「難しい」と感じていても、正しい方法で転職活動を進めれば道は開けてくるはず。ぜひ頑張って、理想の仕事を見つけてほしいと思います。

>>製造業への転職に使いやすい!オススメの転職エージェント!

-転職エージェント
-, , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.