工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

転職活動の基本

製造業・工場勤務へ転職するときの、履歴書の書き方・注意点

投稿日:2017年7月1日 更新日:

製造業・工場勤務の求人に応募するときには「履歴書」が必要です。

履歴書は「自分の経歴・志望動機・自己PRが、パッと見て分かる書類」です。

履歴書は自分をアピールするための大切な書類。そのため履歴書をどう書けば良いのか、迷ってしまうことがありますよね。

そこでここでは、製造業や工場勤務への転職活動で必要になる「履歴書の書き方」について紹介します。ポイントを押さえて、しっかり履歴書を作ってくださいね。

履歴書を書くときのポイントは4つ!

履歴書を書くときのポイントは、大きく分けて4つ。

  • ていねいに字を書く。
  • 嘘の情報を書かない。
  • 志望動機・自己PR欄が広めの履歴書を使う。
  • 志望動機・自己PRの欄はすき間なく埋める。

これら全てを守って、履歴書を書きましょう。それぞれのポイントについて、詳しく説明します。

ていねいに字を書く

まずは、字をていねいに書くことが大切です。

履歴書は、企業の面接官が確認する書類です。汚い字で書いてある履歴書は、それだけでマイナス印象。面接官は「雑な字で書いてあるなあ」と感じて、あなたに対して悪い印象をもってしまいます。場合によっては「こんな字を書く人は、おそらく仕事ができない人だろう」と思われてしまうこともあります。実際はそうでないにもかかわらず、です。

逆に履歴書がていねいな字で書かれていると、面接官が「この人は字がきれいだな。物事をていねいに取り組む人なのかもしれない」と思ってくれます。

字のきれいさだけでも、人柄が表れるもの。自分のできる限りで良いので、ていねいに書くように心掛けましょう。

嘘の情報を書かない

履歴書には当然ですが、嘘の情報を書いてはダメです。

履歴書に嘘を書くと「経歴詐称(けいれきさしょう)」になってしまいます。最悪の場合は入社できても、あとで採用取り消し、つまり「クビ」になってしまう可能性があります。必ず今までの経歴を、正確に書きましょう。

志望動機・自己PR欄が広めの履歴書を使う

履歴書はコンビニなどに行けば、100~200円で購入できます。

履歴書には種類があり、「志望動機と自己PRの欄が広いタイプ」と「あまり広くないタイプ」があります。

企業の面接を受けるための履歴書は、志望動機と自己PRの欄が広いものを使うべきです。欄が広いと、自分の思いをしっかりと書き込むことができるためです。

人によっては「志望動機と自己PRなんて、そんなに書くことないよ」と思うかもしれません。ですが広い欄でも足りないくらい、しっかりと志望動機と自己PRを考えるほうが良いです。

志望動機・自己PRの欄はすき間なく埋める

履歴書の志望動機と自己PRの欄は、すき間なく埋めると良いです。こうして書くことで「あなたのやる気」が伝わるためです。

これは「企業の採用担当者になった気分」で考えてみると分かると思います。

履歴書に記入してあることがスカスカの人。

履歴書の志望動機・自己PR欄が、ぴっちりと埋められている人。

どちらの人にやる気を感じるでしょうか。たぶん多くの人が、後者だと思います。もちろん書かれている内容も大切ですが、まずは「欄をすき間なく埋める」という気持ちで書くことが大切です。

志望動機と自己PRの書き方については、別の記事で紹介しています。合わせて参考にしてみてくださいね。

その他の細かなポイント

履歴書を書くときには、細かなポイントにも気をつける必要があります。

【日付】

履歴書には「記入した日付」を書く必要があります。これは「2017年5月1日」のように、「西暦」で記入します。

【写真】

履歴書には写真を貼る必要があります。「清潔感のあるスーツ姿」で撮影された写真を貼りましょう。また、柔らかい表情を浮かべている写真だと好印象です。

【メールアドレス】

企業からあなたへの連絡手段として、メールが使われることがあります。前もってGmaiなどのフリーメールアドレスを取得しておきましょう。フリーメールアドレスでマイナス印象になることはまずありません。

【学歴・職歴】

20代なら、中学校・高校・大学・専門学校の「入学」「卒業」の年を書きます。30代以降は、高校・大学の卒業年だけで十分です。これまで企業に勤めていた場合は、「入社年」と「退社年」を書きましょう。会社名は「ヤマダ株式会社」のように、(株)と省略せずに書きます。また、学歴と職歴を書いた最後には、「以上」と締めくくります。

【資格】

資格を持っているなら、書いておくと有利です。ただ、何でも良いので書けばいいというものではなく、「面接を受ける企業に関連する資格」を書いておきましょう。工場勤務の面接を受けるのに「調理師免許」のように書いていても、「どうして調理師にならないの?」と思われてしまいます。普通免許はどの企業で面接を受けるにも、書いて大丈夫です。

【趣味】

趣味についても書く欄がありますが、企業の面接官はそこまで重視していません。スポーツや読書など、無難なものを書いておけば大丈夫です。

【本人希望】

履歴書の最後に、自分の希望を書ける欄があります。よほどの希望がない限り、空欄で大丈夫です。入社させてもらう前からいろんなお願いをするのは「厚かましい印象」になってしまいます。そのため、空欄にしておきましょう。もしくは「御社の規定でお願い致します」と書いておけば良いです。

履歴書をしっかり書いて、書類選考をクリアしよう

ここでは「履歴書を書くときのポイント」について紹介しました。

履歴書をしっかり書くことで、書類選考をクリアしやすくなります。また、面接も有利に進めやすくなります。たくさんの人が応募する求人では、履歴書でも差がつきやすいです。紹介したポイントを押さえて、良い履歴書を作ってくださいね。

工場勤務・製造業へ転職活動で【失敗】しないために、オススメの転職エージェントとは?

-転職活動の基本
-, , , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.