工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

実際どうなの?

工場勤務の人間関係ってどうなの?いじめやパワハラとかない?

投稿日:2017年6月23日 更新日:

製造業や工場勤務に転職するときは、「人間関係」が気になることもあるもの。

工場は男性メインの職場なので、どんな雰囲気なのか、自分でやっていけるか不安もあると思います。

ただ、工場の人間関係は多くの職場で、悪くありません。もくもくと働く人が多く、みんなアッサリしているため、いじめや複雑な人間関係はあまりないです。

ここでは「工場勤務の人間関係」を解説します。

>>工場勤務・製造業への転職を失敗しないために、オススメの転職エージェントは?

工場の人間関係は悪くない!さっぱりしていることがほとんど

「工場ってコミュ障な人とか、ちょっとコワい人とかいるのかな・・」と思うかもしれません。

ただ、ほとんどの職場で危ない人はおらず、普通な人が多いです。

工場で働く人は40代や50代の男性や高卒の人が多いです。静かに働く人は確かに多いかもしれませんが、気さくな人もけっこういます。職場の雰囲気はさっぱりしていて、気楽な感じのところが多いと思います。

世の中いろんな人がいて、工場で働く人もさまざま。働き始めたら、自分と気が合う人も見つかると思います。

仕事中はもくもくと作業をするので、周りの人と話すことはあまりありません。ただ、作業中に「ノギス(モノサシのこと)ってどこにありますか?」と話しかけたり、自分が同僚の話を聞いたりすることはときどきあります。なので、これをきっかけに関係を深めることができます。あとは昼休憩などに話す感じですね。

また、タバコを吸うかお酒が飲めると、同僚と仲良くなりやすいです(笑)休憩のときにみんなでタバコを吸いながら雑談しているので、知り合いになれる人が増えます。お酒は「飲めるの?いいじゃん」となるので、コミュニケーションの良いきっかけになります。さらにパチンコや競馬も趣味だと、より会話が広がりやすいです(笑)

ただ、これは「男性が多い職場の場合」。食品工場や化粧品工場は女性が多いので、タバコや競馬などの話ができなくても、まったく問題ありません。車の工場やバイク工場、薬品工場などは男性が多いので、上のような話ができると良いです。

管理人はタバコを吸わないので、最初のうちはあまり周りの人と打ち解けられませんでした。ですがお酒は好きだったので、会社の飲み会でだんだん仲良くなりました。

ほとんどの職場で、いじめはあまりない

工場は上のような雰囲気なので、いじめもあまりないはずです。

工場といっても基本的に他の仕事と変わらず、良い空気の職場が多いです。特におじさんは良い意味でサッパリしているので、「まあいいわ!次から気をつけてよ!」という感じで終わることがほとんど。

ミスを自分のせいにされたり、自分だけ仲間はずれにされたりすることは、まずないと思います。もし理不尽ないじめを受けたなら、その職場は離れたほうが良いです。正直、マトモな職場とはいえません(汗)

ただ、いじめにあう可能性はゼロではないです。前の職場でも新しく入社した職場でもいじめられたなら、自分の行動を振り返る必要があります。「もしかして、これがダメだったのかな・・」と思い当たることがあれば、次から改善しましょう。もし思い当たることがなければ、転職エージェントなどで相談すると良いです(参考「製造業・工場勤務への転職で失敗しないために、使うべき転職エージェント」)。

管理人は3つの工場で働いた経験がありますが、どの職場も人間関係は良かったです。管理人はスキルを高めかったので、結局転職しましたが・・。

人間関係が極端に悪い職場はあまりないと思いますが、もしそんな職場に入ってしまったら、早めに去るのが良いと思います。工場の仕事はたくさんあるので、別にひとつの職場にこだわらなくて良いです。仕事探しは手間と時間がかかるものの、居心地の悪い職場にいるほうがもっと大変ですからね。

また、工場の仕事を始める前には、職場を見学させてもらうと良いです。実際に見てみると、職場の雰囲気がある程度は分かります。

普通に働いていれば、パワハラもまずない

上司から怒鳴られたり、ムリな残業をさせられたりといったパワハラも、普通に働いていればないと思います。ただ、「他の職種と比べて多いわけではない」という感じなので、ごくまれにあるとは思います。

最近はパワハラがあると、すぐに大きな問題へ発展しやすいです。ネットの口コミやSNSを通じて「あの企業の工場は、パワハラで問題になってたよ」と、すぐに悪評が広まるためです。そのため企業も社員のパワハラを厳しくチェックしていて、トラブルは以前より少ないはずです。

管理人が働いていた工場には、かなり高圧的で嫌な上司がいました。そのため同僚と「あの上司が言うことは、もう適当に受け流そう」と決めて接していました(笑)こちらが少し強気で接するようにしたら、上司もあまり言ってこなくなりました。あまり歯向かうのはオススメしませんが、こういう対処法もあります(汗)

人間関係でトラブルを起こさないための、4つのポイント

人間関係の悩みは、仕事をする上で大きなストレスになるもの。なるべく前もって避けるべきです。

人間関係でトラブルを起こさないためには、次の4つを気をつけると良いです。

【工場の人と上手くやるためのポイント】

  • 朝と帰るときの挨拶をしっかりする。
  • 遅刻・欠勤をせずにちゃんと働く。
  • 職場の人と話すときは、なるべくいつも機嫌よく。
  • 素直さ・謙虚さを忘れない。

朝と帰るときの挨拶をしっかりする

これは基本的なマナーですが、かなり効果あり。工場はテキトーな人も多いので、「おはようございます!」「お疲れさまでーす」と挨拶するだけでも好印象。期間工や派遣で働く場合、正社員に誘われる可能性も高くなります。

遅刻・欠勤をせずにちゃんと働く

これも当たり前といえば当たり前ですが、無断遅刻や欠勤を繰り返していると、周りの人に迷惑がかかります。また、仕事にミスが多いと、これも「ちゃんとやれよ!」と言われる原因に。工場の仕事はカンタンなものが多いですが、なるべくミスがないようテキパキ働くのは大切です。

職場の人と話すときは、なるべくいつも機嫌よく

いつもムスッとしていたり暗い表情をしていたりすると、職場の人から嫌われる原因になります。特に嫌なことがないなら、なるべく明るく機嫌が良さそうにしているほうが得します。

素直さ・謙虚さを忘れない

年齢が高くなってくると、「年下にあれこれ言われる筋合いなんてないわ!」と文句を言ってしまいがち。ただ、仕事や人間関係をなるべくスムーズにするなら、素直さや謙虚さが大切。

年下・年上関係なく、いつも「わかりました〜!」「大丈夫ですよ!」と元気に働いていれば、周りの人もきっと認めてくれるはずです。

工場は基本的に、働きやすい職場が多い!考えてみるのはオススメ

工場勤務の人間関係は、「普通」という感じ(笑)ほかの業種と比べて、特に悪いわけではありません。もちろんいじめやパワハラがないわけではありませんが、しっかり働いてなるべく明るくしていれば、嫌われることはまずないはずです。

もし人間関係が不安なら、面接で職場を見学させてもらったり、転職エージェントに相談したりするのがオススメ。特に転職エージェントは仕事を始める前に気になることをまとめて相談でき、自分にピッタリな仕事も提案してもらえます。利用は無料なので、ぜひ使って良い転職をしてくださいね。

>>工場勤務・製造業への転職を失敗しないために、オススメの転職エージェントは?

-実際どうなの?
-, , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.