工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

転職エージェント

製造業・工場勤務へ転職するための、転職エージェント活用法6つ

投稿日:2017年7月18日 更新日:

製造業・工場勤務への転職活動をするためには、「転職エージェント」を活用することが大切。転職エージェントは「求人紹介」や「転職活動のサポート」をしてくれるサービスで、無料で利用できます(転職エージェントは企業からお金をもらっています)。

ただ、単純に転職エージェントへ登録するよりも「活用法」を知った上で利用すると、より理想の転職を実現しやすくなります。下で紹介する6つの活用法を理解して、転職エージェントをフル活用してください!

転職エージェントは「活用の仕方」で効果が変わる!

管理人は2017年現在、30歳を過ぎたアラサー男です。昔流行ったドラマに、「ドラゴン桜」というドラマがありました。このドラマは勉強の話がたくさん出てきて、見るのがけっこうツラかったりするのですが、ひとつ覚えているフレーズがあります。

「知っているか知らないかだけで、人生が大きく変わることがある」

これです。

ドラマでは「東大に入ることは、意外と誰でもできること」という話だったのですが、転職エージェントにも同じことがいえます。

より良い活用の仕方を知っていれば、それを使おうとするのは当然のこと。つまり、単にエージェントへ登録して何となく利用するよりも、「活用法」を知った上で利用するほうが理想の転職をしやすくなるのです。

そこで、転職エージェントをフル活用するために、以下の活用法を知っておくと良いです。

カウンセリングを受けて、「自分の適性」を知る

転職エージェントに登録すると、「カウンセリング」を受けることができます。

カウンセリングではあなたを担当してくれる「転職アドバイザー」が、あなたの経歴・職歴・経験・スキルを確認してくれます。アドバイザーはこの情報を元に、あなたへ求人の提案をしてくれます。

「自分が工場のどんな仕事に向いているのか」「そもそも製造業に向いているのか」などは、自分だけではなかなか分かりにくいもの。こうしたときにアドバイザーのカウンセリングを受ければ、自分だけでは気付かなかった適正を発見することができます。

また、当サイトでオススメしている「リクルートエージェント」や「DODA(デューダ)」などには、無料で利用できる「適職診断」という機能もあります(公式ページから利用できます)。これも合わせて使うことで、あなたの適性を知ることができます。

あなたに合った、「質の高い求人」を紹介してもらう

人によっては、自分だけで転職活動を進めることがあります。ただ、これでは「理想の転職を果たすことは、難しい」と言わざるを得ません。

「転職活動には、十分慣れている」という人は少ないはずです。転職に慣れていない人がやみくもに活動しても、良い転職をするのは難しいのです。

転職は「転職業界」という、ひとつの市場が出来上がっています。「業界」に関する知識は、プロでないと十分に把握していないもの。転職エージェントは「転職業界のプロ」であり、あなたに合わせて求人の紹介をしてくれたり、転職活動に関する知識や、転職ノウハウを提供してくれたりします。

とくに自分だけで転職活動を進めると、見つけた求人の中から適当に応募する企業を選んでしまいがちです。

新聞の求人チラシやフリーペーパー、ハローワークなどで、求人を探していないでしょうか。求人チラシやフリーペーパーは「求人広告を掲載しているだけ」であり、質の高い仕事を紹介しているわけではありません。また、ハローワークの担当者は、あまり親身に対応してくれません。

転職エージェントは企業と密に連携していて、責任をもって求人を紹介してくれます。また、あなたに対してもカウンセリングをしっかりと行ってくれるので、「あなたにとって、ベストな求人」を紹介してくれやすいのです。

また、製造業での経験がすでにある場合、より質の高い「非公開求人」を紹介してもらえることもあります。非公開求人は仕事内容にやりがいがあるだけでなく、好条件も期待できます。

アドバイザーに相談して、迷うことなく転職活動を進める

転職活動をしていると、誰しも悩んだり迷ったり、不安になったりすることがあります。

このように立ち止まってしまったときにエージェントへ相談すれば、的確なアドバイスをもらうことができます。

「転職のプロ」からアドバイスをもらうことで、不安や悩みをすぐに解消できます。そしてこのほうが時間が節約できますし、ストレスにもなりません。

転職エージェントのアドバイザーは忙しいため、何か気になることがある場合は、あなたから相談しましょう。アドバイザーからの連絡を待っていると、いつまで経っても良いサポートを受けられないことがあります。逆に「積極的にエージェントを活用しよう!」と考えてしっかり相談をしていると、アドバイザーはあなたの助けになってくれるはずです。

「面接対策」を受けて、面接を有利に進める

転職活動で多くの人がつまずきやすいこととして、「面接」があります。

「面接をどう乗り切ろう」「自分をどうやってアピールすれば良いだろう」と悩む人は多いです。こうしたときにも、転職エージェントを頼りましょう。

あなたを担当してくれるアドバイザーは、あなたの経験やスキルなどについて、きちんと理解してくれます。そのため「あなたの経験は、企業へこうやってアピールすると良いですよ!」のように、ピンポイントかつ具体的なアドバイスをしてくれます。これを踏まえて面接を受けることで、採用してもらえる可能性が高くなります。

また、リクルートエージェントやDODAでは、「面接力向上セミナー」というセミナーを開催しています。これに参加することで、面接を有利に進めるためのノウハウを得ることができるため、ぜひ参加しておきましょう。セミナーとアドバイザーによるサポートで、面接の通過率が格段にアップするはずです!

経験・スキルがあるなら、「スカウトサービス」を活用する

すでに製造業や工場での勤務経験や実績、スキルがあるなら、あなた自身をできるだけ好条件で売り込みましょう。そのためにはアドバイザーからの求人紹介に加えて、「スカウトサービス」も活用すると良いです。

DODAにはスカウトサービスがあり、あなたの仕事についてのプロフィールを登録しておくと、企業からオファーを受けることができます。

あなたが「入社させてください!」というスタンスで面接を受けるのと、企業が「ぜひ当社の面接に来ていただけませんか?」とあなたに興味をもっている状態で面接を受けるのとでは、採用率や待遇面に大きな差が生まれやすいです。

あなたがやるべきことは「自分のプロフィールをしっかり入力すること」だけ。あとは待つだけで、企業からオファーが期待できます。プロフィールの登録に30分~1時間ほどの手間はかかるかもしれませんが、それが今後の年収アップに跳ね返ってくるなら、労力をかける価値はあります。

とくに技術系の人は営業マンのように「自分を売り込む力」が弱い傾向にあるため、スカウトサービスを活用すると良いです。スカウトサービスについても、もちろん無料で利用できます。なお、リクルートエージェントにはスカウトサービスがありません。

視野を広げるために、「転職フェア」を活用する

より広い視野で転職を考えたい場合には、「転職フェア」を活用することもオススメです。転職エージェントでは定期的に転職フェアを開催していて、たくさんの人が参加しています。

転職フェアにはさまざまな企業がブースを設けて、「企業についてより深く知ってもらうための機会」としています。あなたがもともと気になっていた企業の話を聞くことはもちろん、転職フェアでいろんな企業を見る中で視野が広がることもあります。

「そうか、こういう仕事もあるな!」という気づきがあれば、「転職フェアに参加した意味があった」と感じられるはずです。

転職フェアは無料で参加できて、場合によってはギフト券や商品券が抽選などでもらえる場合もあります。

これからの仕事について真剣に考えるなら、転職フェアをきっかけにしてみるのも良いと思います。「企業の採用担当者と直接話をするため」「自分の視野を広げるため」など、さまざまな使い方ができるはずです。

活用法を知ることで、より良い転職をしやすくなる!

以上のように転職エージェントは、さまざまな活用法があります。これを知っているのと知らないのでは、活用の仕方に差が出てくるはずです。すると、転職が成功するかどうかも、大きく変わって来ます。

最初にもお伝えしたように、転職エージェントは無料で利用できます。活用しない手はないので、ぜひ理想の転職を実現するために、転職エージェントを役立ててくださいね!

-転職エージェント
-, , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.