工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

製造業・工場勤務について

介護から製造業への転職は可能!志望動機や自己PRはどう作る?

投稿日:2017年9月22日 更新日:

いま介護の仕事をしていて、製造業へ転職しようと思うこともあると思います。

介護と製造の仕事はまったく違いますが、転職することは十分できます。介護も製造業も「体を動かす」という面では同じで、工場は未経験からでも働けます。

管理人の友人も以前はデイサービスの仕事をしていましたが、製造に転職しました。管理人はわりと気楽に働いていたので、「製造のがいいじゃん」と思ったようです(笑)

ただ、介護から製造に転職するときは、気をつけるべきこともあります。ここでは、「介護から製造業への転職」について解説します。

>>介護から製造業への転職に使いやすい、オススメの転職エージェント!

介護から製造業へ転職することは、十分できる!

まず、介護から製造業へ転職することは十分できます。

業種はまったく違いますが、製造は未経験でも正社員になれる仕事がたくさんあります。工場には、ゼロからでも多少の知識や技術を身につければできる仕事がたくさんあります。まずはこうしたステップから始めて、少しずつ経験・スキルを磨けばOK。

介護の仕事は、とても大変だと思います。体力が必要で、ときには介護をする方の命に関わる緊張感もあります。管理人の友人は夜勤もこなしていたので、一時期はかなりキツそうでした。

工場の仕事ももちろんラクなわけではありませんが、無理なく働けて夜勤もない職場は多いです。また、自分が器具や設備の取り扱いに気をつければ、事故の心配はかなり低いです。

管理人もずっと製造の仕事に関わっていますが、慣れれば働きやすいと思います。介護から転職を考えているなら、考えてみてくださいね。

介護職より製造業のほうが、給料は高め

一般的に介護より製造のほうが、給料は高めです。

2014年のデータですが、大手転職サービスdoda(デューダ)のリサーチによると、20代の平均年収ランキングは次のようになっています。介護と製造に関するものだけ紹介します。

3位:医薬品メーカー・451万円
6位:家電・AV機器メーカー・411万円
11位:化学メーカー・394万円
12位:医療機器・医療関連メーカー・392万円
17位:電子・電子部品・半導体メーカー・381万円
18位:機械・電子機器メーカー・381万円
20位:コンピューター・通信機器メーカー・376万円
21位:自動車メーカー・375万円
26位:設備・プラント・368万円
33位:化粧品メーカー・356万円
67位:福祉・介護・303万円

(参考:あなたの業界は何位? 79業種別の平均年収ランキング

上の順位で67位の福祉・介護以外は、全て製造関連の平均年収。つまり介護から転職するだけで、年収アップができる可能性は高くなります。もちろん未経験で高収入は狙えないものの、しばらく働いて経験・スキルを身につければ、介護のときよりも給料がアップしやすいはずです。

ただ、年収の高さだけで転職を決めると仕事があまり楽しくなく、あとで後悔することがあります。給料だけで決めるのではなく、必ず仕事内容も希望に合いそうかをチェックしましょう。

介護から製造業へ転職する場合、志望動機をしっかり作るべき!

介護から製造へ転職するときは、「志望動機」をしっかり考えておく必要があります。「なぜ介護とまったく関係ない製造業に転職しようと思ったのか?」は、企業がとても気になるところだからです。

ここで気をつけたいこととして、志望動機として「介護職は大変だから」「夜勤がキツかったから」のような理由はNG。マイナスな内容の志望動機は、面接官に「製造業も大変だよ」と思われてしまいます。「製造(ものづくり)の仕事をぜひやりたいと思った」というニュアンスで伝えると良いです。

【志望動機の例1】

これまで介護の仕事をしてきましたが、将来をあらためて考える中で、以前から興味のあったものづくりに関わる仕事をしたいと思いました。まったく未経験からのスタートにはなりますが、勉強する気持ちをしっかりもって取り組みたいと考えています。

【志望動機の例2】

介護の仕事をする中で、医療機器に興味をもつようになりました。私は機械を触ったり物を作ったりすることが好きなため、今後は医療機器に関する分野で仕事ができたらと考えています。

上のように伝えれば、面接官は「この人は製造の仕事に興味があって、転職を考えたんだな」と感じてくれます。例文をそっくり真似するだけだと、すぐ面接官にウソだと見破られてしまいます。「あなたが本心から思う志望動機」を考えてみてください。

自己PRも、きちんとアピールできるよう考えておく

志望動機と合わせて大切なのが自己PR。「製造の仕事をするにあたり、自分にどんなアピールポイントがあるか」を伝えられるようにする必要があります。

介護と製造はまったく別の仕事で、アピールすることがないように感じるかもしれません。ですがよく考えてみると、意外とアピールできるポイントはあります。

  • 介護で人と接することが好きだった。
    → 工場でも職場の人とコミュニケーションや連携をとりながら働けると考えている。
  • 体力には自信がある。
    → 製造業でも、体力をそのまま活かせる。
  • 介護職で夜勤があった。
    → 夜勤のある製造業でも、しっかり対応できる。

このように技術の専門知識や経験がなくても、介護の仕事で身につけたことはアピールになります。応募する求人に合わせて、どんな点をアピールするか考えてみてください。

(参考)工場勤務の志望動機の書き方・作り方!履歴書・面接を通過するポイント

未経験の場合、仕事内容もよく確認!

工場の仕事が未経験だと仕事内容がよくわからず、「まあいいか」という感じで決めてしまいやすいです。

ただ、これは注意が必要。実際に仕事を始めたら意外と大変だとわかり、「やっぱり製造の仕事は向いていない・・」と後悔することになりかねません。仕事内容は、次の4つの方法でしっかりチェックしましょう。

【仕事内容のチェック方法】

  • 求人の仕事内容をしっかりチェックする。
  • 企業のホームページで、「どんな事業を行なっているのか」を確認する。
  • 面接で「実際どんな仕事をするのか」を聞く。気になった点は、さらに質問する。
  • 職場の見学をさせてもらう。

これらを確認すれば、入社後に「面接で言われたことと違う!」ということにはならないはず。介護職から早く離れたいあまり、適当に仕事を決めないよう気をつけましょう。

転職エージェントに相談するのもオススメ

介護から製造への転職を考えるときは、わからないことも多いもの。こんなときは、「転職エージェント」に相談するのもオススメです。

転職エージェントとは「担当のアドバイザーが、求人の紹介や転職活動のサポートをしてくれるサービス」のこと。自分1人で転職活動をすると悩みや不安が出てきたときにつまずきやすいですが、アドバイザーのサポートがあるとスムーズに転職しやすくなります。

介護からの転職でオススメなのは、次の3つのサービス。どれも大手で安心して使えるので、活用してくださいね。

未経験でも応募できる求人が多く、使いやすい「リクルートエージェント」

まずオススメなのは、スタンダードで総合的にバランスが良い「リクルートエージェント」。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営していて、求人がとても豊富。中小企業から大手まで幅広い仕事があり、未経験OKな求人も多いです。介護からでも応募できる企業を見つけやすいため、まず利用するのにオススメのサービスです。

また、リクルートエージェントは長年に渡って転職したい人をサポートしているため、転職ノウハウも充実。担当のアドバイザーも高い実力を持つ人が多いため、ていねいにアドバイスしてもらえるはずです。

>>「リクルートエージェント」の公式サイト・詳細

しっかりサポートしてもらえる、製造業専門の転職エージェント「メイテックネクスト」

次にオススメなのが「メイテックネクスト」というサービス。製造エンジニアになりたい人専門の転職エージェントで、技術に詳しいスタッフがサポートしてくれます。

転職エージェントのアドバイザーは、文系出身の人が担当になることもあります。場合によっては「アドバイザーが技術にあまり詳しくない」ということもありますが、メイテックネクストならこうしたミスマッチはありません。アドバイザーがしっかり専門知識をもっていて、製造業界やメーカーの事情にも詳しいので、希望に合わせて求人を提案してくれやすいです。

リクルートエージェントに比べると知名度は落ちるものの、メイテックネクストも良いエージェント。未経験でも応募可能な求人もたくさんあるので、今は介護職でも大丈夫です。

>>「メイテックネクスト」の公式サイト・詳細

大手マイナビの製造業に特化したサービス「マイナビメーカーAGENT(エージェント)」

リクルートエージェントと並んで有名な転職エージェントに、「マイナビエージェント」があります。マイナビエージェントが製造業に特化して始めたサービスが、「マイナビメーカーAGENT(エージェント)」です。

マイナビメーカーAGENTも製造関連の求人だけを扱っていて、技術に詳しいスタッフがサポートをしてくれます。大手のサービスなのでスタンダードで使いやすいです。

>>「マイナビメーカーAGENT(エージェント)」の公式サイト・詳細

準備を整えて、介護職から製造業へ転職しよう

ここでは、「介護職から製造業へ転職する場合」について紹介しました。上で紹介したことに気をつけて転職活動をすれば、未経験でも取り組みやすい製造の仕事を見つけられるはずです。

製造業は、介護の仕事とはまた違ったやりがいや面白さがあります。長く続ければスキルも身につき、よりレベルの高い仕事にも取り組めるようになり、給料もアップします。転職エージェントも活用して、あなたに合った仕事を見つけてほしいと思います。

-製造業・工場勤務について
-, , , , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.