工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

転職活動の基本

製造業・工場勤務へ転職する際の自己PRの書き方・作り方!例文も

投稿日:2017年3月23日 更新日:

製造業や工場勤務の求人に応募するときには、「自己PR」を考える必要があります。

自己PRとはひとことで言うと、自分のアピールポイント。「自分のこんなところが、工場での仕事に向いている」とアピールする必要があります。

ただ、自己PRを考えようと思っても、「自分のどんなところをアピールすればいいのか分からない」と思うことはよくあるもの。そこでここでは、「工場勤務の自己PRの作り方」について紹介します。

>>製造業・工場勤務への転職にオススメの転職エージェント!自己PRのサポート・アドバイスもあり

志望動機と自己PRの違い

転職活動では、「志望動機」と「自己PR」を書くことになります。

これらは似ているように感じるため、つい同じ内容にしてしまう人もいます。ですが志望動機と自己PRは、違う内容を書くのが鉄則。志望動機と自己PRの違いを理解すると、それぞれの内容に差をつけやすくなります。

【志望動機】

  • なぜその仕事を希望したのか(応募した理由)」について書く。
  • 「ものづくりに興味があるので応募した」のような内容。

【自己PR】

  • 工場の仕事をするために、自分のどんなところが向いているのか」について書く。
  • 「自分はコツコツと物事に取り組む性格である。なので工場の仕事に向いている」のような内容。

このように志望動機と自己PRは、きちんと違いがあります。どちらも大切なので、シッカリ書きましょう。

まずは工場勤務の「仕事内容」を理解しよう

ここから、自己PRの書き方を説明します。

まず必要なのは、「工場の仕事内容」をしっかりと理解すること。どんな仕事なのかが分からないと、自分をアピールしようがないためです。

仕事内容が分かると、たとえば次のように自己PRを作ることができます。

「車の車体を組み立てる仕事」

→「私は車が好きで、コツコツと作業することが得意です。そのため、御社の仕事に興味をもって取り組めると考えています」

「食品工場」

→「私は美味しいものを食べることが好きで、仕事として取り組めたらやりがいがあると思いました。作業の中にも楽しさを感じながら、仕事に取り組みたいと考えています」

「部品工場」

→「私は昔からプラモデルを作るのが好きで、小さなものを扱うものづくりがしたいと思っていました。手先は器用なため、御社でもこの長所を生かして頑張りたいと思います」

このように、仕事内容が分かれば、それに合わせて自分をアピールすることができます。

仕事内容が分かったら、「自分の強み」を考える

仕事内容を理解したら、「自分のどんな強みが、この仕事に向いているだろう」と考えてみます。

ここで気をつけたいのが、「自分の強みは何だろう」とぼんやり考えても、「そんなものないよ」と考えてしまうことがよくあるということ(汗)

そこで、次の3点を軸に強みを考えてみてください。

【自分の強みを見つける、3つの軸】

  • 性格:自分のどんな性格が、応募する仕事に向いているか?
  • 得意なこと:自分のどんな得意なことが、仕事で役立ちそうか?
  • 好きなこと・以前ハマっていたこと:好きなことで、仕事に関係しそうなことは?

この3つの点を考えてみると、

  • 「いつも落ち着いている性格は、工場に向いているかも」
  • 「手先は器用だから、部品工場の仕事はやりやすそう」
  • 「パンが好きだから、パン工場の仕事は楽しそう」

のように、仕事と自分をつなぐ点が見えやすくなります。ここまで考えられれば、自己PRの文章を思いつくことができるはずです。

自分の性格や長所を振り返るのは、少し大変なもの。自分自身のことはよく分かっているようで、意外と理解できていないものだからです。ただ、自分に「どんな性格だろう」のように問いかけ続けることで、答が浮かびやすくなります。書類や面接でしっかりアピールするために、頑張ってみてください。

製造業・工場勤務の自己PR例文

自己PRはこのように、仕事内容と自分自身をきちんと理解すれば作ることができます。次の3ステップをイメージしましょう。

【自己PRを作成するためのパターン】

  1. 仕事内容を理解する。
  2. 自分の性格・強み・興味を振り返る。
  3. 仕事内容に合わせて、自己PR文を作る。

自己PRは、応募する会社ごとに変えるべき。企業によって仕事内容は違うため、アピールするべき自分の点も変わるためです。

ただ、自分自身の性格や好きなことなどは変わらないため、仕事内容さえ理解すれば、違う会社向けに自己PRを作るのは難しくないはずです。

自己PRの例文をいくつか紹介しておきます。参考にして、しっかりアピールできる自己PRを作ってくださいね。

  • 私はコツコツとした作業が好きなので、御社の仕事に向いていると考えています。さらに作っている製品にも興味があるので、積極的に仕事へ取り組めると思います。
  • 私は「集中力がある」と周りの人によく言われます。御社の作業は集中力が必要とされると思うため、自分の強みを活かせると考えています。
  • 私は車が好きなので、御社の作業に興味をもって取り組めると思っています。また、仕事に慣れてきたら、積極的に他の仕事もできるように頑張りたいです。

上の例のように、「自分はこの仕事をするために向いている」というニュアンスで伝えることが大切です。

自己PRを考えていると、同時に「自分がどんな人なのか」もあらためて考えることができます。自分自身をよく知ると、「そうか、自分は車が好きで、車に関わる仕事がしたかったんだ」と気付くことがあります。

管理人も以前は、自分の性格や強みを考えるのが面倒でした・・。ただ、時間をとってじっくり考えたからこそ、自分に合う仕事を見つけられたと思っています。

どうしても自分だけで自己PRを作れないときは?

自己PRは上の手順で作ることができるものの、「自分の強みなんてない」「どうしても良いアピールが思い浮かばない」「考えた自己PRが、本当にこれでいいのかわからない」と感じることもあると思います。

こうしたときは、転職エージェントを使うのがオススメです。

転職エージェントは求人の紹介や転職をする上でのサポートをしてくれるサービスで、自己PRについてもアドバイスしてくれます。どう作ればいいかわからないときにアドバイザーが一緒に考えてくれたり、出来上がった内容をチェックしてくれたりします。

特に始めて転職活動をする場合、自己PRで迷うことはよくあるもの。転職エージェントは無料で使えて転職を強制させられるわけではないため、上手く使えば理想の転職にとても役立ちます。特にオススメな2つのサービスを紹介します。

アドバイザーのスキルが高くて求人も多い「リクルートエージェント」はオススメ

まずオススメなのは、転職エージェントの中でも大手のサービスとして評判の「リクルートエージェント」。

リクルートエージェントは大手企業のリクルートが運営しているサービスで、求人がとても豊富。また、リクルートは長年にわたって転職サービスを提供しているため、転職ノウハウや転職の成功事例をしっかりと蓄積しています。アドバイザーはこれを元にアドバイスしてくれるため、効果的な自己PRを作ることができます。

リクルートエージェントは転職を考えるなら、「まず使うべきサービス」といえます。

>>「リクルートエージェント」の公式サイト・詳細

製造業に特化した転職エージェント「マイナビエージェントものづくり」

もうひとつのオススメは、「マイナビエージェントものづくり」。こちらも大手企業のマイナビが運営しているサービスで、製造業に特化した転職エージェントです。

マイナビもリクルートに並ぶ大手企業で、求人が豊富。さらにマイナビモノづくりは製造業の求人だけを扱っているため、求人にムダがないです。さらに担当となるアドバイザーは技術に詳しいスタッフのため、「相談したけど、文系スタッフで技術にぜんぜん詳しくない・・」というミスマッチもありません。

製造系の企業の自己PRを作るときに迷ったら、マイナビものづくりを使ってみるのも効果的。比較的新しいサービスですが母体はマイナビなので、安心して利用できます。

>>「マイナビエージェントものづくり」の公式サイト・詳細

効果的な自己PRで、内定をもらおう!

ここでは、工場勤務の自己PRについて解説してきました。

自己PRを作る前には、仕事内容をきちんと知ることが大切。どんな仕事をするかが分かると、「自分のこういうところが、仕事に向いていそうだ」と考えることができます。

自己PRを考え始めると、最初はどうしても「自分にアピールできるところなんてないよ」と思ってしまいがち。ただ、紹介したステップに沿って「アピールできることが何かあるはず」と考えれば、自己PRを作ることができます。転職エージェントにも相談しながら、効果的な自己PRを作成してくださいね。

-転職活動の基本
-, , , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.