工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

転職エージェント

自動車関連の製造業へ転職!収入・給料の額と志望動機・自己PR!

投稿日:2017年10月3日 更新日:

製造業にはさまざまな種類があり、「自動車関連の製造業」へ転職したい場合もあると思います。自動車関連の製造業求人は全体的に多く、転職を考える人もたくさんいます。

ただ、自動車関連の製造業へ転職を考えるときには、前もって知っておくべきこともあります。ここでは「自動車製造業のメリット・デメリット」「志望動機と自己PRの作り方」「おすすめの転職エージェント」について紹介します。

自動車関連の製造業は、求人が豊富!正社員も可能

まず、自動車関連の求人は、製造業全体の中でも多い部類です。車にはさまざまなパーツが使われており、それら全てが工場で作られています。「車体工場」「エンジン工場」「パーツ工場」など、各工場で作っているものは異なります。自分が興味のあるものや、働きやすそうと感じる工場で仕事をすることができます。

また、自動車関連の製造業では、正社員の求人も豊富です。さすがに大手メーカーの正社員になるのは難しいですが、中小企業や社員数1,000人規模の企業なら、正社員になれる可能性は十分あります。「派遣しか難しいのでは?」と思っている場合、諦めずにチャレンジしてみることをオススメします。

自動車関連の製造業は、次のようなメリットがあります。

未経験でも始めやすい

まず、自動車関連の仕事は、未経験でも始めやすいです。作業自体は単純な場合が多いため、基本的なことさえ覚えてしまえば、誰でも取り組むことができます。自動車やものづくりに関する知識は幅広いですが、仕事をしながら学べば大丈夫です。

職場によっては「未経験歓迎」で求人を募集していることがあり、こうした企業ならより採用してもらいやすいです。もちろん身だしなみを整えたり、面接の対策をする必要はありますが、正社員になれる可能性は高いといえます。

仕事内容によっては、高収入も期待できる

自動車関連の製造業は仕事内容によって、高収入も可能です。車は数百万円することも多く、トヨタなどの大手メーカーは大きな利益を上げています。

車の中でも「車体」や「エンジン」などは、とても重要なパーツです。これらを作る工場では、高収入が期待できます。

正社員の一般的な収入は、

  • 20代前半:手取り月20万円ほど
  • 20代後半:手取り月23~25万円ほど
  • 30代前半:手取り月25~28万円ほど
  • 30代後半:手取り月28~30万円ほど

だいたいこうした金額であることが多いです。これに対して車体工場やエンジン工場なら、いきなり手取り30万円以上を狙える可能性があります。

ただし、収入の高さと仕事の大変さは比例します。給料が高い自動車関連の製造業は、大きく体力を使ったり、重たいものを扱うために仕事に危険が伴ったりします。そのため自分にこなせそうかどうかは、確認する必要があります。

経験やスキルを身につけられる

自動車関連の知識はとても幅広く、奥も深いです。そのため仕事を続ける中で知識や経験、スキルをつけることができます。こうしたものを身につけると、今後また転職を考えるときのアピールにすることができます。

変化の激しい今の時代、転職は一般的なことになっています。どうせ仕事をするなら、経験やスキルを身につけられるほうが良いです。頑張って続ければ、今後の大きな財産になります。

自動車関連の製造業にはデメリットもある

自動車製造業の仕事には、上のようなメリットがあります。ただ、デメリットもあるため、合わせて確認しておくと良いです。

職場によっては、体力が必要

上でもお伝えしましたが、車体工場やエンジン工場などでは、かなり体力が必要です。体格の良い人でも重労働に感じることがあるため、注意が必要です。

管理人の知人に大柄な男性がいます。この知人は車の車体工場で仕事をしていますが、「夜に帰ってくると、クタクタですぐ寝てしまう」と言っていました。この知人が働いている工場では、一応普通体型の人も仕事をしているそうです。ただ、かなりキツいことは間違いないでしょう。

面接を受けるときには「職場見学」をさせてもらい、自分に仕事ができそうかをチェックしましょう。

3交代や2交代など、シフト制勤務の場合がある

職場によっては24時間体制で工場を動かしており、「シフト制勤務」となっていることがあります。

シフト制勤務は3交代や2交代で仕事をすることが多く、「夜勤」があります。夜勤は管理人もしたことがありますが、慣れればそれほど大変ではありません。また、昼間の時間を自由に使えたり、「夜勤手当」が支給されたりするのは良いと思います。ただ、体質的に夜勤が合わないと、キツいと思います。

3交代と2交代どちらが楽かも、人によります。管理人は勤務時間が短いため、3交代のほうが楽だと思います。ただ、人によっては、「まとめて働けるから、2交代のほうがラク」と感じることもあります。

自動車製造業へ転職する場合の志望動機のポイント

上のようなメリット・デメリットを踏まえた上で自動車整備業へ転職するなら、「志望動機」をしっかり考える必要があります。

基本は「◯◯の理由で車を作る仕事に興味があって、応募した」というニュアンスで伝えると良いです。

【志望動機の例1】

今まで介護の仕事をしていましたが、ずっと趣味で車が好きだったため、自動車関連の仕事をしてみたいと思っていました。御社で車の部品を作りながら、ものづくりについて学ぶことはやりがいがありそうだと感じ、応募させて頂きました。

【志望動機の例2】

私はものを作る仕事が好きで、自動車にも興味があります。御社で自動車の部品を作る中で、自分の技術を磨いていけたらと思い、応募させて頂きました。

単純に「車の製造に興味がある」だけだと、「誰でも言える」と思われてしまいます。そのため「自分ならではのストーリー」をイメージして志望動機を作ると、面接官に響きやすくなります。

もちろんですが、「勤務条件が良いから」「職場が家から近いから」のような、「条件だけを踏まえた志望動機」はNG。企業から「ウチでなくてもいいじゃん」と思われてしまいます。

自己PRも、きちんと考えておく

志望動機と合わせて、「自己PR」もしっかり考える必要があります。求人情報で仕事内容をチェックして、それに合わせてアピールの内容を考えましょう。

【自己PRの例1】

私は介護の仕事をしていたため、体力には自信があります。また、コツコツとした作業が得意で、集中して物事に取り組めます。そのため御社の作業も、取り組みやすいと考えています。

【自己PRの例2】

私はものづくりが好きですが、人と接することも好きです。職場の人たちと一緒に仕事をすることになったときには、しっかり協力しながら業務に取り組みたいと思います。

上のように、仕事内容に合ったアピールをすることが大切です。たとえば「英語ができる」「調理師免許を持っている」のようなアピールは確かにすごいものの、自動車の製造業には合いません。

自動車製造業への転職にオススメの転職エージェント!

転職活動をするときには、自分だけで活動することもあると思います。ただ、「転職エージェント」を使うと、より良い仕事を見つけることができたり、困ったときにサポートをしてもらったりすることができます。

転職エージェントは「求人の紹介や転職活動のアドバイス」を行なってくれるサービス。利用料金は、基本的に無料です(転職エージェントは、求人を募集する企業から報酬を受け取っています)。

自己流の転職活動をしてしまうと、あまり合わない会社に入社してしまったり、面接で苦戦したりすることがあります。転職エージェントはいわば「転職のプロ」。あなたの経験などを考慮して、希望に合った求人を紹介してくれます。また、志望動機や自己PRの作り方、履歴書を作成するときのポイントなども教えてくれます。

転職エージェントを使うことで理想の転職を実現しやすく、失敗もしにくくなります。自動車関連の製造業へ転職するためにオススメのエージェントを、3つ紹介します。

求人とサポートのバランスが取れた大手サービス!「リクルートエージェント」

まずは大手企業のリクルートが運営している「リクルートエージェント」はイチオシのサービス!リクルートはさまざまな企業とコネがあり、求人が豊富です。また、リクルートエージェントはいち早くスタートした転職エージェントで、「長年に渡るノウハウの蓄積」があります。困ったことがあったときにはしっかりとサポートしてもらえるため、安心です。

管理人もリクルートエージェントにはお世話になりましたが、とてもバランスが良く、使いやすいサービスだと思います。リクルートエージェントは「まず使うべき転職エージェント」としてオススメできます!

>>「リクルートエージェント」の公式サイト・詳細はこちら

大手自動車メーカーだけでなく、グループ会社の求人も豊富!製造専門のエージェント「メイテックネクスト」

2番目のオススメは、製造エンジニア専門の転職エージェント「メイテックネクスト」。

メイテックネクストは製造業に特化しているため自動車関連の求人が豊富。トヨタやホンダなどの大手メーカーだけでなく、デンソーやアイシン精機などグループ会社の求人もあります。職種も製造以外に設計や品質管理、生産管理など、幅広く揃っているので希望に合う仕事を見つけやすいです

さらにメイテックネクストは、「担当のアドバイザーがメーカーや技術の専門知識に詳しい」というメリットもあります。スタッフももともと技術職出身の人が多いため、自分の専門分野やスキルをしっかり理解してもらった上で仕事を提案してもらえます。

「自動車メーカーを頑張って狙う」「製造エンジニアとしてより経験を積む」と目的がハッキリしているなら、メイテックネクストは便利で使えるサービスです。

>>「メイテックネクスト」の公式サイト・詳細

派遣求人も多く、さまざまな条件の求人を探せる「工場求人ナビ」

3つ目にオススメなのが、「工場求人ナビ」というサービス。製造系の求人に強い「日総工産」という企業が運営しており、正社員・派遣社員・契約社員の工場求人が揃っています。

派遣社員も含めて仕事を探すなら、工場求人ナビがオススメです。また、工場求人ナビでは担当スタッフが転職活動の相談に乗ってくれるため、安心して仕事を始めることができます。さらに仕事を始めたあとでも相談することができるため、長く仕事を続けるにも適しています。

こうしたサポートをしてくれる工場系求人サイトは、工場求人ナビ以外にありません!正社員の仕事が少なめではあるものの、まずは無料面談で話を聞いてみるのも良いと思います。

>>「工場求人ナビ」の公式サイト・詳細はこちら

-転職エージェント

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.