工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

転職活動の基本

製造業や工場勤務の求人を探す、5つの方法を比べてみる

投稿日:2017年7月22日 更新日:

製造業や工場勤務の仕事を始めるためには、仕事を探す必要があります。仕事探しの方法にはさまざまな方法があり、主に次の5つがあります。

  • ハローワーク
  • 新聞の折り込み求人チラシ
  • 友人からの紹介
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

「とりあえず、仕事を探そう」のように考えてしまうと、ベストな方法で仕事を見つけることができません。上に挙げた5つの方法について、特徴をしっかり知っておくことが大切です。

そこでここでは、これら5つの仕事探しの手段について、特徴やメリット・デメリットを紹介します。

仕事探しの方法まとめ

まずは最初に挙げた5種類の職探しの方法について、まとめてみました。まずは下の表を確認してから、詳しい特徴やメリット・デメリットの解説を読んでみてください。

求人数 求人の質 転職ノウハウ 手軽さ
ハローワーク
新聞求人チラシ × ×
友人の紹介 × ×
転職サイト
転職エージェント

このように、5つの方法いずれでも仕事を探すことはできるものの、それぞれで特徴が異なります。目的やあなたの性格に合わせて使い分けることが大切です。

ハローワークは「とりあえず仕事を探したい人向け」

まずはハローワークについて。

ハローワークは誰でも気軽に利用することができ、足を運べば仕事を紹介してもらえます。国が管理・運営しているため、多くの人に安心して利用できる施設といえます。

ただ、正直なところ管理人は、ハローワークでの仕事探しをオススメしません。その理由は、「自分の適正に合う仕事を、紹介してもらいにくいため」です。

ハローワークへ行くと、担当の人が求人の紹介をしてくれます。大体の希望を伝えると、それに合わせて仕事を提案してくれるのですが、担当者の対応が今ひとつ・・。

ハローワークの担当者は、「適当に仕事を当てがっている」という感じです。もちろん親身になってくれる担当者もいるのだと思いますが、管理人は出会ったことがありません。

仕事は人生に大きな影響を与えるもの。「これでいいですよね」のように適当な紹介で仕事を決めてしまうと、後悔しかねません。また、本当はもっと良い仕事につけるのに、みすみすチャンスを逃してしまうこともあります。

「とりあえず仕事を探したい」という場合には、ハローワークはまあまあ使える施設といえます。辛口ですが・・(汗)

新聞の折り込みチラシも、あまり信頼できない

新聞の中に織り込まれている求人チラシで、仕事を探すこともできます。ただ、これもあまりオススメしない方法です。

求人チラシは「求人広告」です。人材を募集したい企業がお金を払って、チラシに求人募集をかけています。

これはつまり、「お金を払えば、企業は求人を募集できる」ということ。

最近は「ブラック企業」という言葉をよく聞きますが、企業には働きやすい企業と過酷な労働環境の企業があります。新聞で求人募集をしている企業は、後者である場合があります。もちろん良い企業もありますが、チラシの情報だけでは、良いか悪いかの判断がつきにくいです。そのため正直なところ、「信頼できる情報源」とはいえません。

また、求人チラシでは「月収30万円! 寮完備!」のように、魅力的な条件を提示している仕事を見かけることがあります。

こうした求人には、十分注意してください。「一見するととても良さそうに見えても、いざ働き始めたらメチャクチャ過酷な仕事だった」という場合があります。

「楽して儲かる仕事」は基本的になく、「高収入の裏には、それだけの理由がある」と考えるべきです。

信頼できる「友人の紹介」

仕事を友人から紹介してもらえることがあります。頻繁に紹介があることは少ないですが、もし友人から「こんな仕事があるよ」と教えてもらえたら、入社を考えてみると良いです。

友人は、あなたのことを思って仕事を紹介してくれることが多いです。信頼できる仕事先で、「この仕事は、あなたに向いているだろう」と思わないと、友人は話を持ってきてくれません。

管理人の友人にも、知人に仕事を紹介してもらい、高待遇で働いている人がいます。ただ、「仕事を紹介してよ」のようにお願いし続けていると、友人から面倒がられてしまいます。そのため、「紹介してもらえたらラッキー」くらいに考えておくと良いです。

自分で活動したい人向けの「転職サイト」

「転職サイト」は、多くの人が利用する仕事探しの方法です。インターネット上でさまざまな求人をチェックできるようになっていて、自分で仕事に応募します。

あとで説明しますが、最近は「転職エージェント」という、アドバイザーによる転職サポートのあるサービスが人気です。ただ、「アドバイスは必要ない。自分で自由に転職活動を進めたい」という場合は、転職サイトのほうが良いです。

転職サイトは無料で利用でき、スピーディに求人をチェックできるのが大きなメリット。さまざまな仕事を眺めていると、「これいいかも」という求人があるはずです。

製造業や工場勤務の仕事を探すなら、「リクナビNEXT」や「工場WORKS」がオススメ。リクナビNEXTは製造スタッフ以外にも生産技術や生産管理、品質管理などの求人も豊富です。工場WORKSは製造スタッフとして働きたい場合に、仕事を探しやすいサイトです。

サポートを受けながら仕事を探せる「転職エージェント」

「転職エージェント」は上で少し紹介したように、担当のアドバイザーによるサポートを受けながら、転職活動を行えるサービスです。

自分に合った仕事を探すなら、転職エージェントが一番オススメです。アドバイザーがカウンセリングであなたの経験やスキルを把握してくれて、それに合わせて最適な求人を紹介してくれるためです。

さらにアドバイザーは、転職活動がスムーズに進むよう、「履歴書・職務経歴書の作成サポート」「面接対策」「困ったときの相談・アドバイス」などを行なってくれます。

転職活動をするときには、何かと心配や不安があるもの。こうしたときに転職エージェントを利用すれば、悩んで立ち止まることなく転職活動を進めることができます。

転職エージェントは、完全に無料で利用できます。エージェントは人材を募集したい企業から報酬を受け取っており、転職希望者には無料でサポートをしてくれるのです。

製造業や工場勤務への転職にオススメの転職エージェントは、「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

リクルートエージェントは業界トップクラスの求人数と転職ノウハウで、しっかり転職活動をサポートしてもらえます。DODAは製造関連の求人がとても多く、自分のプロフィールを登録すると企業からオファーをもらえる「スカウトサービス」があります。両方ともとても良いサービスで無料なので、両方を併用するのも良いです。

あなたに合った方法で、仕事を探そう

ここでは「製造業・工場勤務の求人を探すための方法」について紹介しました。ハローワーク・新聞の求人チラシ・友人の紹介・転職サイト・転職エージェントの5種類から、あなたに合った方法で仕事を探してください。

仕事は今後の人生のために、しっかり選ぶべきもの。基本的には転職サイトか転職エージェントを利用すると、働きやすく、収入にも満足できる仕事を見つけやすいです。理想の転職を実現してくださいね!

-転職活動の基本
-, , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.