工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

未分類

派遣の工場勤務では面接・顔合わせがある!不採用にならないためには?

投稿日:

派遣の工場勤務を始めたい場合に、面接や顔合わせで不採用になってしまうことがあります。

「派遣の面接でも、落とされることがあるの?」と思うかもしれませんが、こうしたケースは意外とよくあります。派遣の面接はハードルが低いものの、ポイントをきちんと押さえて受けないと、場合によっては落ち続けることもあるのです。

そこでここでは、「工場派遣の面接・顔合わせで落ちてしまう場合」について解説します。対策のポイントを理解して改善することで、採用の可能性を高めることができるようになります。

派遣の面接でも不採用になることはある

派遣は正社員に比べると、採用のハードルが低いのは確かです。ただ、最近はどの企業も「頑張って、積極的に働いてくれる人を採用したい」と考えています。つまり「この人、大丈夫かな・・」のように思われてしまうと、派遣でも面接に落ちてしまう可能性は十分あります。

そのため派遣でも、きちんと面接や顔合わせの対策をして向かいましょう。そうすれば、採用してもらえる可能性は高くなります。

もう1度、基本をチェック!

派遣の面接は正社員を目指す場合の面接よりは、ハードルが低いです。基本的なポイントを守って面接を受ければ、採用してもらえるはずです。次の4点について、あなたができているかを振り返ってみてください。

服装・身だしなみを整えて、清潔感のある雰囲気に

まず、「服装・身だしなみ」を整えることは大切です。企業が「この人なら、しっかり働いてくれそうだな」と感じるのは、「清潔感のある人」です。

男性ならスーツが無難です。私服でOKの場合もありますが、場合によっては印象が悪くなってしまいます。もちろんスーツはシワや汚れのついていない、ピシッとしたものを着ていきましょう。また、髪の毛の色が茶髪や金髪の場合、なるべく黒く染めておくと良いです。

女性の場合は私服で大丈夫ですが、清潔感を意識した「オフィスカジュアル」の服装で面接に向かいましょう。

こうした服装・身だしなみを整えることに、抵抗を感じることもあるかもしれません。ですが面接を乗り切れば、工場では自分のスタイルに戻すことができます。少しの間は頑張って自分を変えると、ラクに面接を通過できるはずです。

なるべく表情を明るくして、はっきり話す

人によっては面接のときに、無表情でぼそぼそと話してしまうことがあります。派遣の工場勤務はもくもくと作業さえすれば、あまりコミュニケーションを必要としないことが多いです。ですがそれでも面接のときにこうした表情・話し方だと、「本当に大丈夫なのかな」と思われてしまいやすいです。

できるだけ明るい表情で、はきはきと話すように意識してみてください。テレビに出ている芸能人なども、明るく元気な人が人気です。もちろん芸能人レベルで明るく元気に振る舞う必要はありませんが、なるべく好印象をもたれるように意識してみてください。鏡で笑顔を作ったり、話し方をチェックしたりすると、改善しやすいです。

「仕事内容に興味があること」を伝える

面接を受けるときにだらっとした様子で、やる気がなさそうにしていると、「仕事に興味がないのだな」と思われて、不採用になりやすいです。

  • 「車が好きなので、車の工場で働いたら楽しそうだと思っています」
  • 「コツコツとした作業が得意なので、取り組みやすそうだと思っています」
  • 「パンが好きで、パン工場で働きたいと思っていました」

上のように、「仕事に興味をもっていること」をアピールすると、より採用してもらいやすくなります。何だかやる気がなさそうな人より、上のように「楽しそうだから働きたい」という人のほうが、企業側としては採用したくなるはずです。

仕事を選ぶときには「何となく」で考えているかもしれませんが、意外と「これなら自分にもできそうだな」という気持ちで選んでいることが多いです。「どうしてこの仕事が良いと思ったんだろう」のように考えてみると、「そうだ、自分は車が好きだから、自動車工場を選んだんだ」と気付くことができます。

「頑張って仕事に取り組む姿勢」を伝える

「頑張ります!」という姿勢を見せることも、面接では大切です。派遣でも、仕事は仕事。やはり企業は「頑張ってくれる人」を採用したいと考えます。

ここまで紹介したポイントを押さえるだけでも、あなたの仕事に対する熱意は伝わります。ただ、より積極的な姿勢をアピールするなら、「仕事を続ける気持ちがある」「気分で簡単に休まず、しっかり仕事をする」ということを伝えると良いです。

派遣で働く人の中には、すぐに辞めてしまったり、頻繁に休んだりする人がいます。工場ではたくさんの人が働いていますが、突然辞める人が出るとその人の穴埋めが必要になり、企業側は混乱します。また、急に休む人がいると、他の人に迷惑がかかったり、仕事のしわ寄せが出たりします。

つまり企業はこのような人を面接で見極めて、そもそも採用しないように気をつけているのです。

「頑張って仕事をします」という姿勢を見せれば、「この人なら辞めなさそうだし、毎日しっかり仕事をしてくれそう」と思ってもらいやすいです。

落ちるときはある!諦めずにチャレンジ

ここまでの点に注意すれば、派遣の面接や顔合わせで落ちることは防げるはずです。ただ、企業によってはこうした対策をしていても、不採用になってしまうことがあります。

これはある程度、仕方ありません。面接で落ちることは、誰しもあるものです。そのためあまり気にせず、次の面接を受けましょう。このとき、上に挙げたポイントの中で「できていなかった」と感じる点があれば、次は改善するように気をつけてください。

「しまった、もしかしたら表情が暗くて、上手く話せなかったのが原因かも。次は気をつけよう」のように考えて次の面接を受ければ、きっと派遣の仕事を始められるようになるはずです。

スタッフにサポートしてもらえる「工場求人ナビ」はオススメ

ここでは「工場派遣の面接で落ちる場合の対策方法」について解説しました。きちんと原因を改善して面接を受ければ、希望の仕事に就くことはできます。諦めずに、チャレンジしてくださいね。

また、「どうしていいか自分では分からない」という場合、無料で使える「工場求人ナビ」という求人サイトがオススメです。派遣の求人をたくさん扱っていて、登録すると「工場求人ナビのスタッフによる求職活動のサポート」を受けることができます。

仕事を探す中で困ったことがあるなら、スタッフに相談することで解決することができます。また、あなたに合った仕事を紹介してもらうこともできるため、活用してみてくださいね。費用は一切かからず、無料で利用できます。

>>「工場求人ナビ」の公式サイト・詳細はこちらから

-未分類
-, , , , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.