工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

工場の仕事

技術開発への転職、仕事内容・年収・志望動機を解説!未経験や第二新卒でもなれる?

投稿日:2020年1月10日 更新日:

技術開発は、製造業の中でも転職のハードルが高めな仕事。製品を作るには「どう作るか?」を考える必要があり、新しい技術や作り方を生み出すのが技術開発の仕事です。

技術開発は単純作業だけでできる仕事ではなく、ある程度の技術やものづくりに関する知識が必要。転職はしにくいものの、なることができれば高収入ややりがいのある仕事が期待できます。

ここでは技術開発への転職について、詳しく解説します。

>>技術開発への転職にオススメの転職エージェント!

技術開発は、新技術を生み出す仕事。大卒・院卒が基本

技術開発はその名の通り、新しい技術を生み出す仕事。工場の製造職は決められた作業を繰り返せば良いですが、これでは技術開発の仕事はこなせません。むしろ「技術開発部が製造スタッフの仕事内容を決めている」ともいえて、企業にとって重要な仕事です。

技術開発に必要な知識は幅広く、物理・化学・機械・電気・バイオなどさまざま。大学の理系学部で学ぶ知識や実務経験は、新技術を開発する上で何らかの役に立ちます。そのため技術開発へ転職するなら、大卒・院卒でないと難しいです。高卒だと正直ハードルが高いものの、製造職や生産管理などでしっかりした経験があればチャンスはあります。

ちなみに仕事内容は、職場によって本当にさまざま。最初はプロジェクトのリーダーである上司や先輩などから指示を受け、それに沿ってテスト作業をするのが一般的。そこから「この条件・やり方で作れば上手くいく」という方法を見つけ出し、新技術として確立します。すでに開発の経験があれば、いきなりマネジメントを任されるケースもあります。

検証テスト

また、単に製品を作れれば良いというだけでなく、「不良率が○%を切ればクリア」のように不良品を出さずに作る必要もあり、技術開発はテストの繰り返しになることが多いです。技術開発は製造業の花形的な仕事と思われることもありますが、実際は泥臭い作業もよくあります・・

ちなみに管理人も技術開発の経験があり、車などに使われる部品を作るためのテスト業務をしていたことがあります。「パーツを用意して条件を設定して設備に投入 → 上手くできているかチェック」という作業の繰り返しをデータにまとめ、ベストな条件を導き出していました。

作業は意外とラクで、設備をスタートさせればあとは待ち時間。その間に事務作業をしたり、ときには同僚と話していました(笑)ただ、テストが上手くいかないと夜遅くなることもあり、「なんでだろうな・・」と考え込む日が続くこともありました。目標がクリアできると、なかなか面白かったですね。

年収は高めで、これからも需要は高い!経験・実績が豊富なら7001,000万円も

技術開発は、常に新技術を開発していきます。ひとつの技術が確立したら「次はコレ」という感じで、また新しいテーマ・プロジェクトに取り組みます。

新技術は企業にとって大切なもの。遅れをとると競争に打ち勝てないため、企業は技術開発部を重要な部署と位置づけています。今後もその重要性は変わらず、さらに高まっていくかもしれません。

つまり技術開発の仕事は、年収が高め。頑張って取り組めば年収700〜1,000万円、またはそれ以上も狙えます!

技術開発 求人

技術開発 求人

実際に求人を見てみると、上のように好条件の案件がたくさんあります(求人はリクルートエージェントのもの)。一般に公開されている求人だけでもこうした感じなので、スキルや経験のある人に紹介される「非公開求人」なら、かなり良い仕事も見つかる可能性があります。

ただし技術開発は高収入な分、目標の期限内に結果を出し続ける必要があります。ただ、高い技術や実績をもつエンジニアは、どの企業からも求められる存在になるはずです

すぐに高収入を狙うことはできなくても、仕事をこなす中でスキル・経験・実績はついていきます。まずは中小企業などでも良いので転職して、そこで実力をつけるのは良い道だと思います。大卒で今すでに製造業での経験があるなら、どこか転職先は見つかると思います。転職エージェントで相談して、希望に合う企業を紹介してもらいましょう。

未経験の場合、転職できるかはケースバイケース。可能性はゼロではありませんが、何度か面接を受けることになることは覚悟しておく必要があります。ただ、特に20代なら熱意を買って採用してくれる場合もあるため、「やる気があるなら、まずは求人に応募してチャレンジ!」というのが良いでしょう。

大手への転職は相当ハードル高め。中小なら十分チャンスあり

技術開発の求人は、製造職よりも数が少なめ。特に大手メーカーの技術開発は相当にハードルが高いため、転職は即戦力となる人しか難しいでしょう。「開発経験が3年以上」など、実務経験の条件がついている求人も多いです。経験者なら、一度チャレンジとして受けてみるのはアリだと思います。

中小企業の場合、大手よりもハードルは下がります。特に地方の企業は人手が足りていないこともあるため、あまり経験がなくても転職できるチャンスはあります。中小企業は大手よりもプロジェクトの規模は小さいかもしれませんが、自分が担当できる仕事の幅も広いです。業務を通して幅広い知識や技術を身につければ、今後のステップアップにつながることも多いです。

個人的には転職エージェントで紹介してもらえる求人を見ていると、「面白いもの作ってるな・・」と興味のわく会社が見つかるはず。「大手だから」「給料が良いから」というのも大切ですが、興味のもてる製品の技術開発をするほうが、長い目で見ると収入は上がりやすい気がします。中小企業でも良い会社はたくさんありますよ。

技術開発に必要な能力・スキルと、向いている人

【技術開発に必要な能力・スキル】

  • 問題解決能力(自分で問題を見つけて、解決方法を考えることができる力)
  • 機械や電気、化学など、特定分野の専門知識・技術
  • 生産設備を扱えるスキル
  • 大卒・院卒の経歴

上のように技術開発は、単に仕事をこなせば良いわけではなく、「自分で考えて行動する力」が求められます。逆にいうとバリバリ仕事を頑張りたいならやりがいはあり、自分の力を自由に発揮しやすいはず。やりがいも収入も、両方ゲットしちゃいましょう。

【技術開発に向いている人】

  • 単純作業より新しいことをするほうが好きな人
  • 常に「なぜ?」「どうやって?」を考えられる人
  • 技術やものづくりが好きな人
  • 高いステージで仕事をしたい人
  • 頑張って高収入を目指したい人

技術開発に向いている人は、上のような人です。向き不向きが出やすい仕事なので、「自分は本当にやりたいか?やっていけそうか?」を考えてみてほしいと思います。

技術開発へ転職する場合の、志望動機例文

技術開発に転職するには大きく2つのことが必要。

  • 技術の経験・スキル
  • やる気・熱意(志望動機)

とにかく経験やスキルがものを言うので、企業に貢献できる高い実力があれば、特に問題なく転職できます。交渉次第ですが、自分の希望条件を考慮してもらうこともできるでしょう。

ただ、あまり経験に自信がない場合は、やる気や熱意を「志望動機」でアピールしてカバーする必要があります。下の例文を参考に、自分なりの伝え方を考えてみてください。

【例文1(技術開発の経験がない場合)】

私は工場の製造スタッフとして5年間勤務し、マシニング・旋盤・成形機などの操作や図面の知識を学びました。ものづくりに関する知識はある程度ついてきたため、今後は技術開発としてステップアップできればと考えております。御社の技術は私がこれまで身につけた経験が直接的に役立つと感じたため、応募させて頂きました。御社の新技術確立に貢献しながら、さらに自分の実力も高めて大きな成果が出せるようになりたいと思っております。

【例文2(開発の経験がある場合)】

私はこれまでプロジェクトのリーダーとしてマネジメント業務を3年間担当しており、新技術を確立させることができました。御社でもこの経験を活かして、お役に立てればと思っております。御社が現在進められているスマートフォン用のカメラ製造に、私がこれまで身につけた経験や技術、マネジメント経験は活かせると考えております。

【例文3(第二新卒など、ほぼ未経験の場合)】

私は大学で化学を専攻しており、化学メーカーで製造の仕事を1年間担当してきました。今後のキャリアについてもう1度しっかりと考えてみたとき、開発として経験を積んでいくほうが自分にとってやりたいことであり、より貢献できると考えました。時期が早いのは反省しておりますが、御社でお役に立てればと思っております。今後は早く1人前として活躍できるよう、しっかりと業務に取り組みたいと思っております。よろしくお願い致します。

技術開発への転職にオススメの転職エージェント!

技術開発は向き不向きを考えた上で目指せば、とても魅力的な仕事。今後も可能性は大きい仕事のため、これからキャリアを身につけるのは良いと思います。

ただ、いざどの企業が良いのかを考えたり、志望動機を自分で考えたりするのは大変なもの。こうしたときには「転職エージェント」を使うと、プロのスタッフにサポートをしてもらうことができます。転職エージェントに登録すると自分の希望に合う求人の提案や、書類作成や面接などのアドバイスを無料で受けることができます。

特に技術開発は重要な仕事で、企業は転職エージェントを通して良い人材を採用しようとすることが多いです。有効活用するかによって良い転職ができるかどうかも左右されるため、ぜひ使ってみてください。

次の3つの転職エージェントは技術開発の求人がたくさんあり、スタッフのサポート力も高いためオススメ。全て無料で使えます。

大手のマイナビが運営する、製造業専門の転職エージェント!「マイナビメーカーAGENT(エージェント)」

まずオススメなのは、人材サービス大手のマイナビが運営する「マイナビメーカーAGENT(エージェント)」。その名の通り製造業に特化した転職エージェントで、求人が製造関連の案件というだけでなく、スタッフも業界の知識をしっかり持った人がサポートしてくれます

転職エージェントでよくある話として、「スタッフが文系で、相談しても話が噛み合わない・・」という例があります。マイナビメーカーAGENTならこうした心配がなく、自分のスキルや市場価値をしっかり見てくれて、ベストな提案をしてくれるはず。大手のサービスなので求人も豊富で、企業の情報も詳しく提供してくれるため使いやすいはず。「最初に使うべきエージェント」としてピッタリです。

>>「マイナビメーカーAGENT(エージェント)」の公式サイト・詳細

製造の仕事経験・スキルにある程度の自信があるなら、専門的な求人が豊富な「メイテックネクスト」

次にオススメなのは、こちらも製造業専門のエージェントである「メイテックネクスト」。製造系エンジニア実績ナンバーワンの実績があり、専門的な求人がたくさんあります。トヨタやデンソー、NECなど、大手企業の転職説明会なども独自に開催しているので、経験があるならかなり使えるはず。

メイテックネクストはマイナビエージェントものづくりよりも前にサービスをスタートしていて、メーカーとのネットワークも豊富。もちろんスタッフも技術に詳しいため、希望に合う提案以外にも「こんな仕事もありますよ」というような思わぬ提案もあるかもしれません。個人的には面白いエージェントだと思います。

>>「メイテックネクスト」の公式サイト・詳細

大手の転職エージェントで定番のサービス!トップクラスの知名度を誇る「リクルートエージェント」

最後は聞いたことがあるかもしれませんが、大手の「リクルートエージェント」も良いサービス。大手のリクルートが運営しているので、メーカーとのネットワークが豊富。非公開求人や大手の案件もたくさんあるため、自分の実力に合うベストな求人を紹介してもらいやすいです。

リクルートは長年に渡って転職サービスを運営しているため、書類作成や面接のノウハウも充実しています。第二新卒のサポートもしっかりとしてくれるため、幅広い人に使いやすいサービスです。製造業だけでなく、ほかの業界も考えているなら使いやすいです。

>>「リクルートエージェント」の公式サイト・詳細

こちらも要チェック!

大手自動車メーカーで働けて高収入!「期間工」で稼ぐなら、こちらもチェック!

-工場の仕事

Copyright© 工場勤務.com , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.