工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

実際どうなの?

工場勤務の服装は作業着?自由な職場は多い?出勤・通勤の服装は?

投稿日:2017年3月14日 更新日:

工場の仕事を始めるときに気になりやすいのが「服装」。「何を着ればいいんだろう」「茶髪ってOKなの?」「ピアスやネイルってしていいの?」など、いろいろ気になると思います。ここでは、工場勤務の服装について解説します。

>>製造業・工場勤務の転職に使いやすい、オススメの転職エージェント!

男性の場合は「作業着」が基本

まずは男性の場合。男性の工場勤務スタイルは、「作業着+作業靴」が定番です。作業着の上着の下は、Tシャツを着ることが多いです。

作業着はダサいイメージがあるかもしれませんが、個人的にはカッコ良くもカッコ悪くもなります(笑)

個人的には、ほどよく使い込んだ感じの作業着を着ているほうがカッコイイと思います。男らしい感じが良いですね。管理人は地方の工場で働いていたのですが、比較的ユルめの服装で働く人が多かったです。大きめサイズの作業着をカッコ良く着ている人もけっこういましたね。

地方の中小企業や町工場ではこうした服装の人が多いのですが、大手の工場や食品工場・化粧品工場などでは、服装の雰囲気が違う場合もあります。

大手企業の工場ではあまり汚れた作業着だと「清潔感がない」「製品に汚れやホコリが付き、悪影響が出る」として、ダメ出しされることがあります。こうした工場では、自分に合うサイズできれいに洗った作業着で仕事をします。

通勤も当然、作業着のまま(笑)

管理人は通勤も作業着のままでした(笑)スーパーにもそのまま行ってましたね。車通勤だったので、春~秋にかけては「Tシャツ+作業着のズボン」、冬はこれに加えて「作業着の上着」か「アウトドアブランドのブルゾンなど」でした。

管理人の職場ではインナーに着るTシャツで、みんな個性を出していました(笑)ファッションが好きな人はネックレスもしていましたが、これも特に何も注意されていませんでした(大手の工場はアウトです)。

また、管理人の場合、靴は「作業靴」でした。スニーカーで仕事をする職場は、あまりないと思います。工場で扱うものは金属などの重いものが多く、足に物を落としたらケガしますからね。作業靴は仕方ないと思います。

あと、工場には社内の人だけでなく、視察として他社の人が来る場合があります。作業靴を履くのは他社の人に、「きちんとした服装で作業をしていることを示すため」という目的もあると思います。

また、茶髪がOKかどうかは、職場によって分かれます。職場によっては管理体制がしっかりしていて、身だしなみをかなり細かく指摘される所もあります。求人に応募したときの面接で、面接官に確認すると良いです。

管理人が働いていた工場は茶髪OKで、けっこう明るい金髪の女の子も働いていました。今思うと「けっこう甘い会社だったな」と思います(笑)

女性の場合は「私服の上に作業着」

女性が工場勤務をする場合、「私服の上に作業着」という服装の人が多いです。あと、仕事中は髪を結んでポニーテールにすることが決まりになっていました。

茶髪・ピアスはOKでしたが、ネイルはダメでしたね。というか、ネイルをしていると単純に作業しにくいはず。作業をしているときに爪や指をケガしやすかったり、汚れが詰まったりすることもあると思います。

管理人がいた職場では、「ユニクロやGUなどで買ったシンプルな服の上に作業着の上着」という女性が多かったです。靴はもちろんですが、作業靴です。女性はおしゃれをしたくなるかもしれませんが、工場は安全性や衛生面が大切なので、ある程度のガマンは必要かもしれません。

休憩中によく喋っていた仲の良い女性は「工場でおしゃれなんてしてらんないよ。服装に気を使わなくていいし、お金も節約できてイイよ(笑)服は休みに楽しむよ」と言っていました。

「食品工場」や「精密機器を作る工場」は服装に厳しい

「外で作業することが多い工場」や「外気が入っても問題ない工場」の場合は、服装のルールがわりとユルいことが多いです。

逆に「食品工場」「薬品工場」「化粧品工場」「医療機器などの精密機器を作る工場」などでは、服装に厳しいことが多いです。こうした工場は小さなホコリが製品の品質に大きく影響してしまうので、服装に厳重な規則があります。

食品工場では、「ホコリが出にくい繊維で作られた白衣」や「衛生帽子」を着て作業することが多いです。「白いモジモジ君」のような格好をして作業をします。

管理人もホコリが入ったらダメになる製品を作っていたときには、白衣を着て仕事をしていました。格好悪いけど仕方ないですよね。周りの人も同じ格好なので違和感はないですし、すぐに慣れるので笑う人もいません。

「働く服装にこだわりたい!」という場合は、こうした服装のルールが厳しい工場で働くのはやめたほうが良いと思います。

ちなみに仕事で使う作業着や白衣などは、会社で支給してもらえることがほとんどです。みんなそれぞれ自分で作業着を買ってきたら、まとまりのない集団になりますからね(笑)

工場勤務は服装自由な職場が多め!転職エージェントで勤務内容をチェックしよう

工場勤務の求人は、「工場の仕事専門の転職エージェント」を使うのがオススメ。転職エージェントは担当のアドバイザーが、求人の紹介や転職活動のサポートをしてくれるサービスです。

服装を始め、どんな仕事内容なのか、給料がどれくらいなのかは、職場によって違います。転職エージェントなら自分の希望に合わせて求人を提案してくれて、面接でどんな点に気をつければ良いかなどのアドバイスももらえます。利用は無料で必ず転職しないといけないわけではないので、まずは情報収集のためにも使ってみるのがオススメです。

正社員で働くなら、業界大手の「リクルートエージェント」!

正社員で製造の仕事をするなら、「リクルートエージェント」がオススメ。大手企業のリクルートが運営しているサービスで、全国の求人がたくさんあります。

リクルートは大企業から中小企業まで、さまざまな会社とネットワークをもっています。そのためいち早く好条件な求人が集まりやすく、あなたにピッタリの仕事を見つけることができます。

また、リクルートは長年にわたって人材サービスを展開しているため、サポートをしてくれる「転職アドバイザー」も頼りになります。これまでに蓄積された仕事探しのノウハウを元にサポートしてくれるため、迷ったり悩みが出てきたりしたときにもすぐ相談できて安心です。

リクルートエージェントは正社員を目指すなら、「まず使うべきサービス」といえます!

>>「リクルートエージェント」の公式サイト・詳細

パート・派遣から正社員まで充実!スタッフに相談できる「工場求人ナビ」

次にオススメなのは、パート・派遣から正社員までさまざまな求人を扱っている「工場求人ナビ」。40年以上も工場系の人材サービスを展開している日総工産という企業が運営していて、実績のあるサイトです。

工場求人ナビの大きな特徴は、「スタッフが希望に合わせて求人の紹介やアドバイスをしてくれる」という点。仕事を探すときには、不安や悩みもあるもの。気になることをスタッフに相談すれば、自分にぴったりな求人を紹介してもらうことができます。

仕事探しは自分だけでするより、プロに相談しながら進めるほうが確実。工場求人ナビは幅広い働き方に対応しているため、オススメの求人サイトです。

>>「工場求人ナビ」の公式サイト・詳細

大手自動車メーカーの期間工で働くなら「期間工.jp」

トヨタやホンダなど、大手自動車メーカーの期間工を考えるなら、「期間工.jp」というサイトがオススメ。アウトソーシングという派遣会社が運営している「期間工専門の求人サイト」で、大手メーカーの求人をひと通り揃えています。

また、期間工.jpは「スタッフによる求人の紹介・アドバイス」と「入社祝い金」が大きなメリット。期間工の仕事に詳しいスタッフが仕事探しの相談に乗ってくれて、入社を決めるとナント10万円や20万円の入社祝い金をもらうことができます。

祝い金の額は働く企業によって違い、時期が良ければ30万円や40万円の求人もあります。期間工はただでさえ高収入を得やすいので、期間を決めて工場で働くならオススメです。ちなみに期間工の場合、服装は作業着が基本です。

>>「期間工.jp」の公式サイト・詳細

働く前に、職場に確認を!

工場は女性も働きやすい職場。髪型や化粧、服装など、気をつけるところはありますが、仕事はカンタン。安定して働きやすい仕事です。

工場の仕事内容は、職場によって大きく違います。食品工場や化粧品工場は女性も比較的多くて環境が整っており、自動車メーカーの期間工は女性でも高収入を目指せます。紹介した求人サイトも活用して、自分にピッタリの仕事を見つけてくださいね!

-実際どうなの?
-, ,

Copyright© 工場勤務.com , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.