工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

転職エージェント

化学系の製造業へ転職する時の志望動機と自己PR・お勧めエージェント

投稿日:

製造業にはさまざまな分野があり、その中のひとつとして「化学系」があります。化学系の製造業にはさまざまな仕事があり、転職をする人もたくさんいます。これから新しい仕事を始めるときには、化学系もおすすめです。

ただ、化学系の仕事に初めて転職するときには「良い業種なのか」「自分に向いているのか」など、分からないこともあると思います。そこでここでは、「化学系製造業への転職」について紹介します。これから仕事を始める前の、参考にしてほしいと思います。

化学系の製造業は求人が多く、転職しやすい!

製造業の中でも化学系の仕事は、実は多いです。求人の紹介をしてくれる「転職エージェント」でも化学系の仕事は多いため、ひとつのカテゴリーになっています。管理人も、ずっと化学系の人です。

そんな化学系の製造業ですが、管理人は大きく分けて3つのメリットがあると考えています。メリット・デメリットを踏まえた上で、仕事を始めるか考えることをオススメします。

これからも新素材・新薬品が開発されるため、安定しやすい

化学系の製造業は、これからも高い需要が予想されます。最近は新型iPhoneやAndroidスマホ、さらにapple watchやドローン、電気自動車など、いろんな新しい商品が登場していますよね。こうした商品にはほとんどの場合、「新素材」が使われています。これは、化学系の企業が製造しているものです。

つまり新たな商品を作るためには今後も新素材が必要で、化学系企業の製品が求められています。要は、「これからも安定して働きやすい」ということです。変化の激しい今の時代、安定して働きやすいことは大きなメリットといえます。

さまざまな仕事があるため、興味のある仕事を選べる

化学系の製造業といっても、その分野はとても広いです。新素材・医薬品・化粧品・食品など、さまざまな業種があり、これらは全て化学系に属します。これらは全て、「化学」という学問の知識を必要とするためです。

人によって「医薬品の仕事に関わりたい」「化粧品に興味がある」「山崎のパンが好き」など、好みは分かれるはずです。「あなたに合った仕事を選びやすい」という点も、化学系製造業のメリットです。

経験・スキルを身につけることができる

化学系の製造業で仕事をすると、さまざまな経験・スキルを身につけることができます。

製造として日々担当する仕事は、単純な内容の場合もあります。ですが日頃から「新しいことを学ぼう」と意識して仕事をしていると、いろんな知識や技術を身につけることができます。するとリーダーとして仕事ができるようになったり、また転職を考えたりするときにも役立ちます。

上でも紹介したように、化学系はまだまだ需要がある仕事です。そのため身につけた経験・スキルは、今後にも活かしやすいです。

化学系の製造業のデメリット

以上のようなメリットがある化学系の製造業ですが、デメリットもあります。良くない点についても、確認しておきましょう。

職場によっては、暑い中で長袖やマスクの着用が必要

化学系の製造業は職場によって、とても暑い中で仕事をすることになります。

管理人は薬剤を作る企業で、製造の仕事をしていた経験があります。このときはもう、夏はメチャクチャ暑かったです(汗)真夏の炎天下の中、薬品が肌へ触れないように長袖の作業着を着たり、防毒マスクをしたりする必要がありました。マスクを真夏につけていると、とても暑いのです。。管理人は太ってはないですが汗かきなので、かなり過酷でした。

こうしたことを避けるには、面接のときに「職場見学」をさせてもらうのが有効。管理人は上の経験を踏まえて、転職活動のときには職場を見学させてもらうようにしていました。見学をさせてもらうと「積極的な姿勢」が伝わって、企業の方に好印象をもってもらいやすかったです。

3交代や2交代での夜勤など、シフト勤務の場合がある

化学系の製造業は職場によって、24時間体制で工場を動かしていることがあります。この場合、3交代や2交代などの「シフト制勤務」になることがあります。そして「夜勤」もあることになります。

管理人の友人は「パン工場」で仕事をしていますが、3交代で働いています。友人は「夜勤があるけど、もう慣れた。夜勤手当もあるし、けっこう良いよ。日勤が短くなって遊べるし」と言っていました。

夜勤をラクと感じるかどうかは、人によって変わります。夜型の人なら問題ないと思いますが、「やっていけそうかどうか」は前もって確認しておきましょう。

化学系の製造業には、上のようなデメリットもあります。メリットとデメリット、両方を踏まえて転職を検討してくださいね。

化学系の製造業へ転職するときの志望動機

転職をするときには「志望動機」が大切です。化学系の製造業へ転職するときの志望動機は、「仕事内容に興味をもった」というニュアンスで伝えると良いです。

【志望動機の例1】

現在はさまざまな新商品が開発されていて、そのモトになっている新素材の製造に興味をもちました。自分が製造した製品が新素材に使われることをイメージすると、とてもやりがいをもって仕事ができそうだと考えています。仕事をしながら技術や知識を身に付けて、頑張りたいと思います。

【志望動機の例2】

パンが好きで、パンの製造に関わりたいと思っていました。今の仕事にもやりがいをもっていますが、年齢的にも好きな仕事に転職するチャンスは、今がベストだと思い、応募させて頂きました。パンに対する思いはあるので、積極的に頑張りたいと思います。

単に「興味がある」とだけ伝えても、「なんで」と思われてしまいます。そのため上のように、「自分ならではのストーリー」を意識して伝えると、面接官に響きやすくなります。

化学系製造業では、どのように自己PRすべきか

転職の際には志望動機と合わせて「自己PR」も大切です。求人の「仕事内容」をチェックして、それに合わせて自己PRを考えましょう。

たとえば極端な例ですが、医薬品の製造業へ転職するときに「調理師免許を持っています」とアピールしても、「仕事に役立たないでしょ?」と面接官に思われてしまいます。そのためまずは、企業の仕事内容を確認する必要があります。

【自己PRの例】

  • 夜勤がある企業
    →夜型でスポーツが好きなため、体力には自信があります。夜勤も対応しやすいと思います。
  • 化粧品の製造業
    →化粧品が好きなので、仕事も興味をもって取り組めると考えています。積極的に仕事に取り組み、勉強していきたいと思います。
  • 「将来の目標はありますか?」
    →仕事で経験を積み、リーダーとして活躍できるようになりたいと考えています。そのためにも、まずは目の前の仕事をしっかり身に付けていきたいと思います。

上のように、「将来のビジョン」についても聞かれることがあるため、アピールできるように準備しておきましょう。表面的な言葉よりも、しっかり考えて「自分の言葉」を伝えられると良いです。

「転職エージェント」も活用して、理想の転職を実現しよう

ここでは「化学系の製造業への転職」について紹介しました。化学系の製造業は紹介したように、メリットややりがいがあります。志望動機や自己PRを準備して、転職するのもオススメです。

なお、志望動機や自己PRを考えるときには、自分で上手く考えられないことがあると思います。また、転職活動を進める上では、悩んだり迷ったりすることもあるもの。

こうしたときのために、「転職エージェント」を活用することをオススメします。転職エージェントは「求人の紹介」や「転職活動のアドバイス」をしてくれるサービスで、無料で利用できます。

転職エージェントは「転職のプロ」です。ハッキリ言って転職が上手くいくかどうかは、エージェントによって大きく左右されるといっても過言ではありません。化学系の製造業へ転職するためにオススメの転職エージェントを別ページで紹介しています。合わせて参考にしてほしいと思います。

>>化学系の製造業へ転職するときに失敗しないための、オススメ転職エージェント!

-転職エージェント
-, , , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.