工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

転職活動の基本

転職活動の流れをチェックして、工場勤務・製造業を目指そう

投稿日:2017年6月29日 更新日:

製造業や工場勤務の仕事を始めるときには、どうやって仕事探しや転職活動をすればいいのか迷うことがありますよね。

最初に「転職活動の流れ」を理解しておくことで、スムーズに仕事を始めやすくなります。

そこでここでは製造業・工場勤務を始めるときの「転職活動の流れ」について紹介します。まずは全体像を把握しましょう!

工場勤務を始めるための5ステップ!

製造業・工場勤務の転職活動は、次の5ステップに沿って進めます。

  1. 転職エージェントに登録する。
  2. 求人をチェックして、興味の湧くものに応募。
  3. 書類を用意する(履歴書・職務経歴書)。
  4. 面接を受ける。
  5. 入社!

それぞれのステップについて、見ていきましょう。

転職エージェントに登録する

まずは「転職エージェント」に登録しましょう!転職エージェントとは、「求人の紹介」や「転職活動のサポート」をしてくれる無料のサービスです。

人によっては、自分だけで転職活動を進めることがあります。ただ、良い転職を実現するためには、転職エージェントを利用するほうが近道。転職エージェントに登録すると「担当アドバイザー」がついてくれて、プロによるアドバイスを受けることができるためです。

理想の転職は、利用する転職エージェントによって大きく左右されます。エージェントによって特徴が異なるため、製造業や工場勤務にマッチするサービスを使う必要があるのです。製造業や工場勤務にオススメの転職エージェントは、当サイトでも紹介しています。参考にしてほしいと思います。

転職エージェントは、1〜2つのサービスを併用すると効果的です。複数のエージェントに登録すると、よりたくさんの求人をチェックすることができます。そのため、より自分に合った仕事を見つけやすくなります。

また、あなたをサポートしてくれるアドバイザーは、どうしても人によって「相性」があります。そのため複数の転職エージェントを利用することで、より親身にサポートしてくれるアドバイザーがいるサービスを利用しやすくなるのです。

仕事は人生に大きく影響するもの。そのため「比較」をすることが大切です。さまざまな求人を見比べたり、エージェントのアドバイザーを見極めたりすることで、より給料が高く、自分に合った仕事内容の職場を探すことができます。

求人をチェックして、興味の湧くものに応募

転職エージェントは、完全に無料で利用することができます(エージェントは企業から求人募集の費用を受け取っている)。エージェントに登録するとアドバイザーとの面談(カウンセリング)が行われたあと、求人の紹介があります。

紹介してもらえる求人は、主に次の点をチェックすると良いです。

  • 仕事内容が自分に合っているか。
  • 給料の金額に納得できるか。
  • 会社の理念に共感できそうか。
  • 職場に通いやすいかどうか。

もちろん人によって、仕事をチェックするポイントは異なります。上の4点は「最低限のポイント」と考えてください。仕事は給料も大切ですが、「やりがい」や「働きやすさ」も重要です。年収や月収の金額だけで判断しないように気をつけてくださいね。

転職エージェントでは、自分が思っている以上に求人を紹介してもらえることは多いです。管理人も「自分の経験・スキルで、そんなに仕事を紹介してもらえるのかな・・」と思っていました。ですがいざ転職エージェントに登録してみると、アドバイザーと面談をしたときに5つほどの求人を紹介してもらうことができました。

「この求人に応募したい!」という場合には、担当のアドバイザーに応募する意思を伝えます。するとここから、「書類審査」と「面接」が行われることになります。

なお、「自分にどんな仕事が合っているか分からない」という場合も、アドバイザーに相談すると良いです。アドバイザーは面談で、あなたの経歴や特徴を把握しています。そのため、あなたに合った提案をしてくれるはずです。

書類を作成する(履歴書・職務経歴書)

転職をする場合、企業の面接を受ける必要があります。ただ、その前に「書類審査」を行なっている企業が多いです。

ほとんどの企業では「履歴書」と「職務経歴書」という、2種類の書類が必要です。ただし「職務経歴書」については、「これまでに正社員として仕事経験がある人」だけ作成する必要があります。

履歴書:自分のこれまでの経歴・志望動機・自己PRを記入する書類
職務経歴書:自分がこれまで行ってきた仕事について、詳しく説明する書類

履歴書はコンビニなどに行けば、100~200円ほどで販売されています。これに「手書き」で記入します。

また、履歴書には写真を貼る必要があります。街中にあるスピード写真機で撮影して、写真を用意しましょう。

職務経歴書は決まった形式があるわけではなく、これまでの仕事について分かりやすく説明できていれば、どんな形式でも大丈夫です。職務経歴書は「Word」で作成します。

これらを転職エージェントのアドバイザーから指定された日までに作り、提出します。

履歴書と職務経歴書は、あなたの印象を左右する書類です。企業の採用担当者に好印象をもってもらえるよう、しっかり作成する必要があります。書類を提出して合格になれば、面接へ進みます。

製造業や工場勤務の場合はきちんと書類を作れば、履歴書や職務経歴書で不採用になることは少ないです。

面接を受ける

面接は転職活動で一番大切です。ここで採用されるかどうかが、ほぼ決まると考えて良いです。

面接を受けるときには「スーツ」を着て会社へ向かいます。遅刻しないように注意して、履歴書・職務経歴書を忘れず持っていきましょう。

面接では、「よく聞かれる質問」があります。次の質問については最低限、すぐに答えられるように準備しておきましょう。

  • なぜその会社で働きたいと思ったのか(志望動機)。
  • 自己PR。
  • 転職の場合は、なぜ前の会社を辞めようと思ったのか。

志望動機と自己PRは履歴書にも書きますが、詳しく話せるようにしておくと良いです。「なぜこの仕事をしたいと思ったのだろう」「自分の長所や短所は何だろう」と考えておくと、「自分なりの答」を見つけることができます。こうしたことは時間をかけて考えないと、答が見つかりません。面接を受ける前までに、自分について振り返っておきましょう。

また、面接では「話す内容」に加えて、「あなたの雰囲気・人柄」も確認されます。明るく元気な雰囲気を意識するほうが、採用してもらいやすくなります。面接官から好印象をもってもらえるように、服装や身だしなみに気をつけましょう。

こうして面接を終えたら、合否を待つことになります。

面接に合格したら入社!

面接後に採用通知がきたら、入社できることになります。

入社するか、一旦保留にして別の企業を探すかは、あなた次第。ただし企業はずっと待ってくれるわけではないので、入社するかどうかを早めに決断することをオススメします。

入社することに決めたら「入社日」を決めます。その日までに新生活の準備を整えて、工場での仕事を始めます。場合によっては引っ越しが必要になるので、前もって準備を始めておくと良いです。

流れを把握して、転職活動を進めよう

製造業や工場勤務の仕事を始めるための転職活動は、上のような流れで進めます。

全体像を把握して転職活動を進めると、迷うことなく行動することができます。これからの転職活動を頑張ってくださいね。

工場勤務・製造業へ転職活動で【失敗】しないために、オススメの転職エージェントとは?

-転職活動の基本
-, , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.