工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

転職活動の基本

転職の流れをチェックして、工場勤務・製造業の仕事を始めよう

投稿日:2017年6月29日 更新日:

製造業や工場勤務に転職するときは、どう仕事探しや転職の準備をすればいいか迷うこともあるもの。

最初に「転職活動の流れ」を理解しておくことで、スムーズに仕事を探しやすくなります。

ここでは製造業・工場勤務の仕事を始めるときの「転職の流れ」を解説します。

>>製造業・工場勤務への転職に使いやすい、オススメの転職エージェント!

工場勤務を始めるための5ステップ!

製造業・工場勤務への転職は、次の5ステップで進めます。

  1. 転職エージェントに登録する。
  2. 求人をチェックして、興味の湧くものに応募。
  3. 書類を用意する(履歴書・職務経歴書)。
  4. 面接を受ける。
  5. 入社!

1. 転職エージェントに登録する

まずは「転職エージェント」に登録します。転職エージェントとは、求人の紹介や転職する上でのサポートを無料でしてくれるサービスのことです。

求人の見極めや書類の作成、面接の準備など、自分だけで転職のさまざまなことをするのはけっこう大変。転職エージェントを使うと担当のアドバイザーがついてくれて、自分に合う求人の提案や書類・面接のアドバイスをしてくれます。

なるべくラクに良い転職をするなら、転職エージェントは必須。別ページでオススメのサービスを紹介しているため、合わせて参考にしてください。

(参考)製造業・工場勤務への転職にオススメの転職エージェント

2. 求人をチェックして、興味のわくものに応募

転職エージェントに登録すると、アドバイザーとの面談(カウンセリング)があり、その後に求人の紹介があります。

紹介してもらえる求人は、次の点をチェックして応募するかを考えましょう。

  • 仕事内容が自分に合っているか?
  • 給料の金額に納得できるか?
  • 会社の理念に共感できそうか?
  • 職場に通いやすいかどうか?

もちろん人によって、仕事をチェックするポイントは違うはず。上の4点は「最低限のポイント」と考えてください。仕事は給料も大切ですが、「やりがい」や「働きやすさ」も重要です。年収や月収の金額だけで判断しないように気をつけましょう。

転職エージェントでは、自分が思っている以上に求人を紹介してもらえることが多いです。

管理人も「自分の経験で、そんなに仕事を紹介してもらえるのかな・・」と思っていました。ですがいざ転職エージェントに登録してみると、アドバイザーと面談をしたときに5つほどの求人を紹介してもらえました。

「この求人に応募したい!」と思ったら、担当のアドバイザーに応募の意思を伝えます。するとここから「書類選考」と「面接」が行われることになります。

また、「自分にどんな仕事が合っているのかわからない」というときも、アドバイザーに相談すると良いです。アドバイザーは面談で、あなたの経験や実績を把握しています。そのため、あなたの適正を踏まえて仕事を提案をしてくれるはずです。

書類を作成する(履歴書・職務経歴書)

転職をするときは企業の面接を受ける必要がありますが、その前に「書類選考」がある企業が多いです。

ほとんどの企業では「履歴書」と「職務経歴書」という、2種類の書類が必要。ただし「職務経歴書」は、これまでに正社員として働いたことのある人だけが作成します。

履歴書:自分のこれまでの経歴・志望動機・自己PRをまとめた書類
職務経歴書:自分が今までしてきた仕事について、詳しく説明した書類

履歴書はコンビニなどに行けば、100~200円ほどで販売されています。これに「手書き」で記入します。

また、履歴書には写真を貼る必要があります。街中にあるスピード写真機で撮影して、写真を用意しましょう。

職務経歴書は決まった形式があるわけではなく、これまでの仕事についてわかりやすく説明できていれば、どんな形式でも大丈夫です。職務経歴書はパソコンのWord(ワード)で作成します。

これらを転職エージェントのアドバイザーから指定された日までに作り、提出します。

履歴書と職務経歴書は、あなたの印象を左右する書類。企業の採用担当者に好印象をもってもらえるよう、しっかり作成する必要があります。書類を提出して合格すれば、面接に進みます。

製造業や工場勤務の場合、きちんと書類を作れば、履歴書や職務経歴書で不採用になることは少ないです。また、もし書類の作り方で悩んだら、転職エージェントのアドバイザーに相談しましょう。アドバイスをもらえるはずです。

面接を受ける

面接は転職活動でイチバン大切!採用されるかどうかは、面接でほぼ決まると考えて良いです。

面接を受けるときには、スーツを着て会社へ向かいます。遅刻しないように注意して、履歴書・職務経歴書も忘れず持っていきましょう。

面接では、「よく聞かれる質問」があります。次の質問については最低限、すぐに答えられるように準備しておきましょう。

  • なぜその会社で働きたいと思ったのか?
  • なぜその仕事がしたいと思ったのか?
  • 自己PRをきちんと伝えられるか?
  • 転職の場合は、なぜ前の会社を辞めようと思ったのか?

志望動機と自己PRは履歴書にも書きますが、詳しく話せるように準備しておくと良いです。「なぜこの仕事をしたいと思ったのだろう?」「自分の長所や短所は何だろう?」と考えると、「自分なりの答」が見つかるはず。

志望動機や自己PRはじっくり考えないと、本心からの答が見つかりません。面接を受ける前までに、自分について振り返っておきましょう。

また、面接では「話す内容」に加えて、「あなたの雰囲気・人柄」も確認されます。明るく元気な雰囲気を意識するほうが、採用してもらいやすいです。面接官から好印象をもってもらえるように、服装や身だしなみに気をつけましょう。

て面接を終えたら、合否を待つことになります。

面接に合格したら入社!

面接後に採用通知がきたら、入社できることになります。

入社するか、一旦保留にして別の企業を探すかは、あなた次第。ただし企業はずっと待ってくれるわけではないので、入社するかどうかは早めに決断することをオススメします。

入社することにしたら、「入社日」を決めます。その日までに新生活の準備を整えて、工場での仕事を始めます。場合によっては引っ越しが必要になるので、前もって準備を始めておくと良いです。

流れを把握して、転職活動を進めよう

製造業や工場勤務の仕事を始める場合、転職は上のような流れで進めます。

全体像を知った上で転職に向けた活動を進めると、迷わずアクションできます。ぜひ頑張って、良い仕事を見つけてくださいね!

>>製造業・工場勤務への転職に使いやすい、オススメの転職エージェント!

-転職活動の基本
-, , , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.