工場勤務をこれから始める人のための、転職活動・求人活動ガイド!

工場勤務.com

期間工

マツダ期間工の年齢制限は?40代や50代でも勤務できる?

投稿日:2018年7月9日 更新日:

マツダの期間工へ応募するときには、年齢制限が気になることもあると思います。

マツダ期間工の応募条件は「18歳以上」となっていて、上限は決まっていません。つまり40代や50代でも採用してもらうことができます。ただし中高年だと年齢的に不利になるのは間違いないので、なるべく面接対策しておくことが大切です!

ここでは「40代や50代でマツダ期間工へ応募する場合」について、対策すべきポイントを解説します。これから仕事を始める場合には、ぜひ参考にしてくださいね。

ちなみにマツダ期間工に応募するなら、「期間工.jp」という求人サイトがオススメ。登録するとスタッフから面接のサポートを受けることができ、入社時にナント45万円のお祝い金ももらうことができます。利用は無料なので、ぜひ活用してくださいね。

>>「期間工.jp」なら面接サポートあり+マツダへの入社祝い金45万円!(期間限定)

マツダ期間工は40代や50代の中高年でも働ける

マツダ期間工は求人募集に年齢の上限がなく、40代や50代でも応募できます(下は18歳以上から)。

マツダは広島県と山口県に工場がありますが、どちらの工場でも40代の人はたくさん働いています。50代の人もチラホラいるので、採用してもらえる可能性はあります。

ただ、ご存知かもしれませんが、期間工は体力が必要。仕事で扱うものは車のボディや部品で、とても重いです。マツダ期間工は一応未経験から始めることができるものの、仕事をこなせそうかどうかは確認しておくことをオススメします。

面接で合格するためのポイント3つ

マツダ期間工の求人に応募すると、面接を受けることになります。面接では次の3点を意識すると、より合格しやすくなります。

  • 体力があることをアピールする。
  • 工場や配送での仕事経験があれば、より受かりやすい。
  • しっかり頑張る姿勢を見せる。

期間工の面接はそれほどハードルが高くないものの、やはり40代や50代だと不採用になる可能性は上がります。上の3点は、必ず押さえておくことをオススメします。

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきます。

体力があることをアピールする

マツダの面接官は、「体力があるかどうか」を気にします。「仕事は体力的に大変ですが、大丈夫ですか?」と聞かれたら、「大丈夫です!」とハッキリ答えてアピールしましょう。なるべく明るく元気な雰囲気を出せると、より好印象です。

期間工の仕事は、体力さえあればあとは単純作業でこなすことができます。40代や50代でも問題なく行えるため、必要なのはとにかく体力。

また、仕事をする中でだんだんと筋肉がついてくるため、最初はかなり疲れるかもしれませんが少しずつ慣れてきます。

工場や配送での仕事経験があれば、より受かりやすい

これまでに工場で働いた経験やトラックで配送の仕事をしたことがある場合、必ずアピールするべきです。これらの仕事は「体力を使う」という点では同じのため、期間工の面接でも有利になりやすいです。

履歴書には「以前は食品工場で仕事をしていました」「トラックで配送の仕事をしていました」のように書いておきましょう。さらに面接の質問で聞かれたときには「トラックで重い荷物を毎日運んでいたので、経験を活かせると思って応募しました」のように答えると良いです。

こうしたアピールポイントがあると、40代や50代でも面接に受かりやすくなります。

ただし当たり前ですが、ウソの経歴を履歴書や面接で伝えるのはNG。面接での話し方でバレてしまうこともありますし、仕事を始めてからウソが発覚するとトラブルになる可能性もあります。

しっかり頑張る姿勢を見せる

もうひとつ大切なのは、「頑張る姿勢」です。

40代や50代ともなると、素直な気持ちを忘れてしまうことがあります。場合によってはマツダの面接官が、自分より年下かもしれません。

ただ、こうしたときでも素直さや謙虚さを忘れず、気持ちを新たに頑張る姿勢を伝えることが大切です。

  • 家族のためにお金が必要なので、しっかり頑張りたいと思います。
  • 何としても収入が必要なため、真面目に働きます。

年齢が高くても前向きにチャレンジする気持ちをもっていれば、きっとそれは面接官に伝わります。上のような形で、気持ちを込めてアピールしてみてくださいね。

「期間工の派遣会社」を使うと、面接のサポートを受けられる

ここまで紹介した3つのポイントを押さえれば、年齢が高くてもマツダの面接に受かりやすくなるはずです。

ただ、より面接に受かりやすくするには、「期間工の派遣会社」を利用すると良いです。

期間工の派遣会社は、「求人の紹介や面接のアドバイス、仕事を始める上でのサポートをしてくれる会社」のこと。

中高年でマツダ期間工に応募する場合、自分だけで面接対策をするのは危険。自分で気づかないうちに、面接でマイナス印象になるような発言をしてしまう可能性があるからです。派遣会社にアドバイスをもらうと面接でしっかりアピールしやすくなるため、活用するべきです。

マツダ期間工に応募するなら、「アウトソーシング」という派遣会社はオススメ。アウトソーシングは期間工専門の求人サイト「期間工.jp」というサイトを運営しています。期間工.jpからマツダの求人に応募することで、アウトソーシングのサポートを利用できます。

期間工.jpからマツダ期間工に応募するとアウトソーシングのスタッフから連絡があり、面接の説明やアドバイスを受けることができます。メールや電話でも相談できるので、気になることがあれば気軽に聞いてみてください。

アウトソーシングはマツダ期間工の採用率を公開していて、「78.2%」という高い数字となっています(2019年2月現在)。8割くらいの人が合格するので、かなり安心感がありますね。

さらに期間工.jpを利用してマツダ期間工への入社が決まると、45万円の入社祝い金を受け取ることができます。アウトソーシングはマツダから報酬を得ていて、その一部が入社祝い金として応募者にも還元されるようになっています。

ちなみに45万円の内訳は「選考会参加費10万円」+「お祝い金35万円」となっていて、選考会参加費の10万円は「面接に参加するだけ」で受け取ることができます。

もちろん悪質なイタズラやあからさまに選考会参加費だけを目当てに面接を受けるのはNGですが、やる気があって残念ながら面接落ちしてしまった場合でも、10万円はもらえるわけです。

仕事を新たに始めるときは、何かとお金が必要なもの。45万円あれば準備をしっかり整えられるので、期間工.jpはぜひ使ってみてください。

>>アウトソーシングの「期間工.jp」公式サイト・詳細

40代や50代でも採用の可能性はある!

40代や50代でマツダ期間工に応募する場合、大切なのはやはり「体力」!。仕事を十分こなせることをしっかりアピールすれば、採用してもらえる可能性が高くなります。上で紹介したポイントを押さえつつ、アウトソーシングの「期間工.jp」のサポートを活用して、面接を受けてみてくださいね。

-期間工
-, , ,

Copyright© 工場勤務.com , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.